2015 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2015 05
無限廻廊 ~吉備津神社~
- 2015/04/29(Wed) -
岡山市にある吉備津神社
吉備津神社に祀られているのは大吉備津彦大神。
大吉備津彦大神は崇神天皇の頃に山陽道を平定したと言われ、
吉備地方の基礎を築いたとされる。

急階段を登る

一方、この地方には温羅(うら)という鬼が住んでいたと言う伝説がある。
その温羅を倒したのが大吉備津彦大神で、
これが桃太郎のモデルにされたとも言われている。
つまりこの吉備津神社桃太郎が祀られている神社という事でもある。

長い回廊

吉備津神社の急坂の階段を登って、回廊へ。
この廻廊が神社の一番のポイントで、
なんと360mも続いている。

赤い門を越えて

ゆるやかな坂道となっている廻廊を歩いて、
赤い門のところまでやってきた。
ここからは下りになっていて、さらに延々と廻廊が続いている。

まだまだ続く

いやはや、これは長い。
終着点が見えないほど長いので無限に続く廻廊のようだ。

光が差し込む

日差しが斜めから差し込み、
柱の影が通路に線を描く。
影が真横になれば、線路の枕木のようになる。
そういえば天橋立に松林の影が線路を作るようば場所があったことを思い出した。

今度は長い階段

廻廊の途中に左へ出る道があったので、ちょっと寄り道を。
鳥居をくぐった先には今度は長い階段。

登る登る

無限廻廊の次は無限階段か。
階段の行き着く先には何やら建物が見える。

岩山宮

ここは岩山宮と呼ばれているらしい。
この場所は吉備津神社とは少し雰囲気が異なり、
HPの説明を見ると、吉備国の地主神を祀っているとのこと。
どうもややこしいのだが、大吉備津彦大神と言うのは
中央政権である天皇が送り込んだ神様で、
もともと地元の神様は別に存在したと言うことだろうか。
こちらの神様は非常に質素である。

無限回廊

再び廻廊に戻って先へ進む。
360mを歩ききって後ろを振り返ると、
この廻廊の長さを実感できる。

水車

先ほどの岩山宮は山側にあったが、
今度は逆の外に出てみた。
こちら側はちょっとした広場になっていて、
その一角には水車が回っている。

外観

少し離れて、廻廊を外から眺めてみる。
逆アーチ型に続く廻廊はなかなか壮観な景色。
壮大な建築物を建てることによって中央権力の力を誇示したといったところだろうか。

本殿

廻廊を引き返し、今度は本殿へ。
なかなか古い建造物で、歴史を感じる造りになっている。

かつて大吉備津彦大神が倒したと言われる温羅と言う鬼の城跡と呼ばれる場所が、
この近くの総社市の山の上に残っている。
その名も鬼ノ城
数年前に訪れた事があるのだが、
これまた山全体を要塞にしたような巨大な山城だった。

ちょっと話はそれるが、岡山には鬼神戦隊ジャケンジャーXなるご当地キャラがいて、
こちらの設定が温羅一族の末裔で悪を倒すヒーローなんだとか。
さらに、毎年うらじゃ祭りという高知のよさこいのようなイベントが開催されていたりする。
この辺から考えると、温羅は悪役にされているが、
実はもともとこの地方を治めていたのが温羅のほうで、
大吉備津彦大神というのは中央から遠征で吉備を制圧した侵略者ではないのかという
構図が考えられる。
その正当性を作り出すために、桃太郎と言うおとぎ話を作り上げ、
温羅=鬼という構図を作ってしまったのかもしれない。

桃太郎のおみくじ

本殿の前には桃太郎おみくじなるものが設置されていた。
イラストのバックはチカチカ光っていて、非常にシュールなおみくじ・・・

祈願トンネル

さらに奥には祈願絵馬のトンネルが。
学問・学芸の神様を祀っていて、江戸時代から厚く信仰されてきたとか。
ん?待てよ、大吉備津彦大神って、要は中央政権軍の将軍でしょ。
武芸とかの神様なら分かるけど・・・
日本の神社特有の何でもありかな・・・

犬養毅

吉備津彦神社の外には犬養毅の銅像が建っている。
犬養家は古くは大吉備津彦大神の隋神として仕えたことがあるとの謂れがあるという。
そうか、それで犬。
桃太郎のお供の犬と言うわけか。

なんとなく桃太郎のお話の裏側が見えてきたように思う。


=======================
ブログランキングに投票お願いします!
クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング




人気ブログランキングへ

「たびねす」でも記事を書いてます。
たびねす

この記事のURL | 岡山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
地底竜の咆哮 〜中津渓谷〜
- 2015/04/22(Wed) -
入口にて

仁淀川で安居渓谷と並んで有名なのが中津渓谷
安居渓谷が開けて明るい渓谷なら、
中津渓谷は深い谷にはさまれた暗い渓谷。
どちらにも共通するのは仁淀ブルーの美しい水。
怖いくらいの透き通った蒼い水が堪能できる。

早速いました

中津渓谷には神様が住んでいる。
七福神の石像が遊歩道沿いに鎮座しており、
これを探しながら歩くのも良いかもしれない。
美しい水の流れに見とれていると七福神を見逃してしまうし、
自然に溶け込んで設置されていたりするので、
7人全員を見つけるのはなかなか難しい。

入り組んだ通路

深い谷底に縫うように作られた遊歩道。
何度か川を渡りながら谷の奥へ奥へと道は続く。

岩の隙間を通る

時には岩の隙間をくぐり抜ける場所もある。

赤い岩壁

穴の中の岩肌はちょっと不気味だ。
赤く襞のある壁。
なんだが巨大な怪物の体の中を歩いているかのようだ。

赤い渓谷

次第に周りの景色が変わってくる。
岩肌は血のように赤く染まり、谷が狭くなってくるので
周りは薄暗くなってくる。

暗い谷底へ

奥へ進むにつれて谷は狭まり両側の壁が迫ってくる。
赤い岩壁の襞に緑の水が怖いくらいだ。
次第に怪しげな雰囲気になってきて、
まるでRPGゲームのダンジョンを探検しているような感覚になってくる。

滝発見

地の底に流れる川。
そしてその上に架けられた血に染まった赤い橋。
そしてその奥には中津渓谷のラスボス「雨竜の滝」の登場だ。

雨竜の滝

左右は切り立った崖。
まさに今いる場所は地の底のような場所。
目の前に現れた雨竜の滝はその名の通り雨を吐き出す竜の姿のようだ。

地底の竜

雨竜の滝の流れは複雑だ。
奥へまっすぐ飛び出た水流に溢れ出した水が落ちる正面の流れ。
竜吐水とも呼ばれる雨竜の滝はまさに水を吐き出しながら
荒れ狂う竜のようだ。

複雑な流れ

落ちた水も複雑に侵食された岩肌を交錯しながら流れている。
これだけ複雑な流れの滝は今までに見たことがない。

竜の咆哮

両側の絶壁に水の轟音が響き渡る。
密閉された空間なので反響する音がもの凄い。
まさに地底竜の咆哮を見ているかのようだった。


=======================
ブログランキングに投票お願いします!
クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング




人気ブログランキングへ

「たびねす」でも記事を書いてます。
たびねす



この記事のURL | 高知 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
青色の清流 ~安居渓谷~
- 2015/04/04(Sat) -
仁淀ブルーで有名な安居渓谷へ。
愛媛県の石鎚山から高知県へと流れる仁淀川は水質日本一にも選ばれる清流の中の清流。
高知県の清流と言えば四万十川が有名だが、
仁淀川の水は透き通った美しいブルー。
仁淀ブルーと称されるその水は四万十川以上の魅力にあふれている。

腹ごしらえ

その仁淀ブルーが手軽に楽しめる場所でもある安居渓谷
早速、その清流を楽しもうと思ったのだが、
道中に気になるお店を見つけてしまったので、先に腹ごしらえをすることにした。

あめごのにぎり

川魚の握りなんて初めてだ。
あめごは恐らくあまごのことだと思う。
どうも四国ではあまごのことをあめごと呼ぶようだ。

あめごの握り

さて、お味の方はと言えば、
少しコリコリしたカンパチに近いだろうか。
魚としてはマスの一種なので、見た目はサケに近いかもしれない。
サケやハマチのような脂が乗った身ではないが、
あっさりと淡白な味で、これはこれで美味しい。
川魚はすぐに痛んでしまうので、なかなか刺身で食べるのは難しいのだが、
綺麗な川そばの現地ならではの食べ物だろう。
貴重な食事を頂きました。

ほうらいばし

さて、清流めぐりのほうは、あいにくの雨。
食事に時間を使ってしまったので天候は悪化して、
ゆっくり渓流を堪能する余裕がなくなってしまった。

緑の水

それでも橋の上から眺める川はとても綺麗。
水の深さによって水の色が変わる。
時にはグリーン、ときにはブルーになる。

ここも美しい

ながれのゆるやかで深さのある渕になると、その色は一層濃くなり、
雨で濁るはずの川もここでは関係ないらしい。
いや、濁ってこのレベルだとすると、天気のいい日はどれだけ綺麗なんだろう。

雨でも美しい

仁淀ブルーを見たいと思ったのだが、
どうもこの日は緑色が目立っていた。
季節によっても水の色は変わるらしい。
何が要因で水の色は決まるのだろう。

昇竜の滝

雨が次第に強くなってしまい、あまり有名スポットにいけなかったのだが、
とりあえず滝は一つ押さえておこうと、駆け足で昇竜の滝へ。
落差60mといわれる滝だが、水量は今ひとつで迫力に欠ける・・・
雨も降るならもっと降ってくれれば水量も増えたのに。

どうもこの日は青色の清流とは縁がなかったようだ。
また再訪せねば。


=======================
ブログランキングに投票お願いします!
クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング




人気ブログランキングへ

「たびねす」でも記事を書いてます。
たびねす

この記事のURL | 高知 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |