2014 11 ≪  12月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2015 01
天国の草原 ~瓶ヶ森~
- 2014/12/31(Wed) -
青い空に向かって

瓶ヶ森UFOラインから瓶ヶ森登山口の駐車場へ。
ここからはお手軽登山のスタートだ。

簡単な地図ですが

簡単な地図の看板があったので、現在地を確認。
瓶ヶ森には男山と女山という二つのピークがある。
女山の方が高く、標高1897mという西日本屈指の高さだ。
とはいえ、駐車場で1650mぐらいあるようなので、
そんな高山にもお手軽に登ることができる、はずである。

また、麓には瓶ヶ森の名前の由来となった瓶つぼという小さな泉があるらしい。
今回は男山、女山と回り、最後に瓶つぼに寄るという周回ルートをとることにした。

大台ケ原を彷彿

高原ならではの抜けるような青空。
森林限界を超えているので、頭上には一面の青空が広がっている。
かつては瓶ヶ森の名前の通り、ここは森だったのだろうか。
立ち枯れした木の残骸が物語っているようだ。

男山

道はササ原の間を抜けるように続いている。
延々と登りが続くので、いくらお手軽とはいえ、すぐに汗だくになってしまう。
そのササ原の向こうに男山の山頂が見えてきた。

笹の草原

登れば登るほど視界は広がっていき、やがて遠くにひときわ切り立った山が見えてきた。
そう、これが霊峰石鎚山
高い山が連なるこの一帯の中で最も存在感のある山。
一目でこれが霊峰と呼ばれる山だと認識できる。
草原の向こうに石鎚山。なんという絶景だろう。

ロープでよじ登る

ほとんどが緩やかな坂道なのだが、男山付近だけ切り立った岩山になっているため、
こういうロープでよじ登る場所もあったりする。

駐車場が遠く

振り返ると遠くに駐車場が見える。
下から見上げるとさほど距離がなさそうに見えるのだが、
上から見下ろすと、逆に遠く感じてしまう。
スタートからここまで30分程度。そこまで歩いてはいないか。

男山頂上

男山山頂に到着。
瓶ヶ森石鎚山と並んで信仰の山である。
かつて石鎚山が女人禁制だった頃、女性はこの瓶ヶ森に登っていたらしい。
小さな祠が建てられている。

女山の絶景

次は女山を目指す。
女山は岩でゴツゴツした男山と違って、なだらかな丘陵上になっている。
その名の通り、女性的なやさしい感じの山だ。
ただ、標高は男山より高く、ここからだと一度下がってからまた登るという行程になる。
見た目はやさしいが、たどり着くのは見た目ほど楽ではない。

どこまでも続く草原

女山の周りにはどこまでも続くササの草原。
この一帯は氷見二千石原という名前が付けられているらしい。
霊峰石鎚山を横目に標高1800mの大草原はまるで天国にでも来たかのようだ。

神様が飛び立つ

その時、石鎚山からなにか白いものが空へと飛び立っていった。
おそらく飛行機が作った雲なのだが、
場所が場所だけに神様が空へ飛び立っていったかのようだ。

もう少しで頂上

さあ、もう少しで女山の頂上だ。
しかし周りのササ原が次第に道に覆いかぶさってきて、
ほぼ獣道のようになってしまった。
よく見ていないと道がどこを通っているのかわからなくなる場所もあり、
ササをかき分けるように進むような状態になってしまった。

1898m

女山の頂上に到着。
頂上付近は広いスペースがあり、登ってきたたくさんのハイカーたちが、
それぞれ好きな場所に座っておにぎりを食べたりしながら休憩している。
どこに座っても360度の大パノラマで、壮大な景色が広がっている。

頂上の看板には、1898mの文字が。
下の看板の地図には1897mと書いてあったような気がする。
正式にはどっちなんだろう・・・
1mぐらいなら誤差の範囲か。

雄大な景色

頂上からの眺めは本当に気持ちがよく、
先ほど走ってきた瓶ヶ森UFOラインもはっきりと確認できる。
その道沿いに東黒森、伊予富士と1800mクラスの山々が連なる雄大な風景。
反対側には氷見二千石原と石鎚山の絶景。
これだけの絶景は他に日本アルプスぐらいしかないのではなかろうか。

だいぶ降りてきた

女山から別のルートで降りる。
氷見二千石原のど真ん中を通るルートだ。
頂上から離れると、こちらもササをかき分けながら進む道になる。
ジメジメした森の中だと、草をかき分けると汚れたりして難儀するのだが、
ここは太陽の下の乾燥したササで、高さも腰より下ほどなので、
ササをかき分けて突き進むのもなかなか楽しいものだ。

瓶つぼに向かいます

女山を下りて、ぐるっと男山を迂回するように進むと、瓶つぼに向かう分岐点を発見した。
もう少し手前にも分岐点があり、そちらへ進みそうになったのだが、
そちらは途中で完全にササに飲み込まれて進めなくなっていた。
瓶つぼにはいけないのかと思っていたら、本当の分岐点はここが正解だったらしい。

水場が見えてきた

瓶つぼに向かうルートは周回路から外れるためか、
急に人通りが少なくなった。
わざわざここまで見る人は少ないのだろう。
頂上にはたくさん人がいたが、瓶つぼの水場には誰もいない。

まさに泉

このあたりだけ水が流れていて、ちょうど甌穴のような窪みに
透き通ったブルーの水が湛えられている。
これが瓶つぼだろう。
ササ原の中の水の流れは、そんなに綺麗には感じないのだが、
瓶つぼの水は信じられないくらい透き通っていて綺麗な色をしている、
瓶つぼの底からも水が湧いているのだろうか。
よくわからないが、水が底から噴き出しているような水の流れも感じる。
石鎚山系の川の水は透き通ったブルーが特徴なのだが、
こんな小さな泉でもその特徴がはっきり出ているようだ。

水を柄杓ですくって飲んでみた。
やはり山で飲む湧水はうまい。


=======================
ブログランキングに投票お願いします!
クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング




人気ブログランキングへ

「たびねす」でも記事を書いてます。
たびねす


この記事のURL | 愛媛 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
天上へ続く道 ~瓶ヶ森UFOライン~
- 2014/12/27(Sat) -
UFOライン

霊峰石鎚山へ続く道。
高知県いの町を走る町道瓶ヶ森線、通称瓶ヶ森UFOライン
まさに天上界へ続くような道を走る絶景ロードである。

バックに控える石鎚山

石鎚山の標高は1982m。
これは近畿以西の西日本の最高峰である。
そして四国の石鎚山周辺は西日本最大の山岳地帯。
あたかも信州の蓼科ビーナスラインを走っているかのような絶景の連続だ。
遠くに迫力のある石鎚山も見える。
さすが霊峰と呼ばれるだけあり、大きな存在感を放つ山である。

素敵な稜線

瓶ヶ森UFOラインは標高1100mから1690mを走ると言う日本でも屈指の高原道路で、
周りには高い木もなくなり低木ばかりなので、眺望は最高である。
ただ、道路は1車線しかないので、対向の車が来ると難儀する。
特に登山シーズンともなると、石鎚山を初め、瓶ヶ森、伊予富士など名山の連なる場所のため、
多くの交通量になるため運転には注意が必要だ。

九十九折の急坂

正面に見えるのは瓶ヶ森
標高1897mで西日本では7番目に高い山である。
その頂上まであと少しの場所まで道路が続いている。
よくもまあ、こんなところに道が作れたものだ。

瓶ヶ森頂上まで道路から九十九折の登山道が見えるだろうか。
ここから見ると意外に近そうだが、実は300mぐらいを一気に登る事になるので
実はかなりハードな行程かもしれない。
瓶ヶ森の登山道は実は反対側にあって、大きな駐車場もある。

瓶ヶ森の駐車場

瓶ヶ森駐車場までやってきた。
ここから見ると比較的なだらかに見える。
立ち枯れの樹木なども見えており、なんとなく奈良県の大台ケ原の雰囲気を感じなくはない。
いつもは登山までは行かないのだが、
今回は1時間ぐらいで頂上まで行くことができるらしいので、
気合を入れて登ってみることにした。
とは言え、本気で登山する人には物足りない距離ではあるのだが・・・

高度1500mを駆け抜ける

登山途中から見下ろす、瓶ヶ森UFOライン
高度1500m以上の山々の尾根を結ぶ。
まさに天上へ続く道。
こんな四国で素晴らしい絶景を見れるなんて、
神様目的じゃなくても四国を巡礼の旅で回ってみたいと思わせられる。

瓶ヶ森登山も見所いっぱい。
でもその話はまた次回。

=======================
ブログランキングに投票お願いします!
クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング




人気ブログランキングへ

「たびねす」でも記事を書いてます。
たびねす

この記事のURL | 高知 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
美しき水柱 ~大鹿の滝~
- 2014/12/23(Tue) -
鳥取県若桜町の大鹿の滝。
これは数年前に友人から噂を聞いて気になっていた滝なのだが、
扇ノ山の西側に位置しており、関西からのアクセスが悪いので、
なかなか行くことができなかった。

高原

鳥取県若桜町は鳥取東部の山に囲まれた町なのだが、
大鹿の滝のある諸鹿渓谷へ行くにはその山深くに入り込まねばならない。
細見川沿いの道をどんどん高度を上げながら進んでいくと、
なんと広い高原のような場所に着いてしまった。
広留野高原という場所らしく、わりと整備された高原のようなのだが、
人の姿は消えてしまったように見ることができない。
結構素敵な場所のように感じるが、過疎高齢化に悩む自治体だけに、
なんとか活用できそうな気もするが・・・

入口の駐車場

大鹿の滝への入口はこの高原にある。
そこそこ広めの駐車場から、大鹿の滝のある諸鹿渓谷へ進む道は続いている。
入口に古びた案内板があるので、そこそこ整備はされているのだろう。
それにしても高原から渓谷があるなんて、ここからは想像もできない。

斜面を九十九折

林の中へ続く道へ踏み込むと、すぐに急な斜面になる。
その急な斜面を九十九折に道は続いており、
そこをひたすら降りていく事になる。
やはりと言うべきか、渓谷は高原からかなり下にあるようで、
先の見えない延々と続く下りに閉口する。

獣道みたいに

この道がなかなか厄介で、最初は綺麗に整備されていたのだが、
訪れる人も少ないのだろう。
周りの草が道に覆いかぶさってきて、時に道が見えなくなってしまうほど。
確かに道はあるのだが、獣道のような様相を呈してくる。
訪れたのがちょうど秋口なのが悪かったのか、
草を掻き分けて進んでいくと、草の種が大量にズボンにはり付いてしまった。

大鹿の滝が見えてきた

2、30分歩いただろうか。
ようやく水の音が聞こえてきて、ほどなく大鹿の滝が目の前に姿を現した。

まさに滝

大鹿の滝の姿は、まさに滝といった感じで、ほんとに素晴らしい。
大きくオーバーハングした岩から完全に空中を水が落ちてきている。
滝裏は大きくえぐられていて、裏にも簡単に回りこめそうだ。

水しぶきが美しい

近づいてみるとかなりの迫力。
これはもう巨大な水柱だ。

真裏から

裏の空間も広いので、まったく濡れることなく裏側にも回りこむことができた。
これだけ完全な裏見のできる滝はなかなか無いだろう。

落ち口

ぐるっと360度、滝の周りを一周することができた。
同じ裏見の滝の阿弥陀ヶ滝と良く似た雰囲気だが、
向こうは滝の周りを一周することはできなかった。
落ち口を見上げると、この滝のオーバーハングの凄さが良く分かる。

水柱

空中へ伸びる白い水しぶきはまさに水柱。

オーバーハングした岩

落差は25m程度で少々物足りないが、
その滝姿の正統派的な美しさは日本でもトップクラスではなかろうか。

道は大鹿の滝の左岸からさらに続いており、
出会いの滝や雲龍の滝など、見ごたえのある滝群があるらしいのだが、
ここから先はさらに道が険しくなると言う。
熊の出没地域でもあるし、これ以上の単独行は危険も伴うので、
今回は大鹿の滝を堪能するだけで引き返すことにした。

とは言え、またあの九十九折の坂道を登って帰るのは、
なかなかハードな道のりで、駐車場に戻る頃には相当の汗だく状態になっていた。

=======================
ブログランキングに投票お願いします!
クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング




人気ブログランキングへ

「たびねす」でも記事を書いてます。
たびねす


この記事のURL | 鳥取 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |