2013 02 ≪  03月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2013 04
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
のけぞりの鍾乳洞 ~戸津井鍾乳洞~
- 2013/03/03(Sun) -
青い海青い空

青い海、青い空。
戸津井鍾乳洞はそんな景色を一望できる山の上にある。

ここまで登って来るには、
道を間違ったと思うような細い道を車で登ってこなければならない。
対向車の恐怖と戦いながら進み、
駐車場までたどり着いたときの開放感は相当なものである・・・

入り口

さて、入り口のおばちゃんに200円を払って中へと進む。
かなりリーズナブルな料金だが、
鍾乳洞としては小振りで全長100m程なので
それ相応と行ったところだろうか。

不思議階段

最初は人工的な階段が続く。
秘密基地への入り口みたいで、これはこれでなかなか良い雰囲気。

緑の洞窟

しばらく降り続けると緑のライトに照らされた鍾乳洞部分に到着する。
ライトが見えた辺りで、湿気を含んだ冷気が漂ってきて、
ぐっと鍾乳洞雰囲気に包まれる。

細い通路

通路は細い。
ときには横向きに歩いていかなければならないだろう。
ただ、下はコンクリートでほぼフラットなので、
それほど歩きにくいと言うことはないだろう。

まだまだ未発達か

肝心の鍾乳石というと、
あちこちに名前の付けられた岩があるものの、
まだ発達具合はいまいちと行ったところか。
イメージする溶けた岩のつららみたいなものはほとんど見られない。

玉石の間

鍾乳洞は途中で二股に分かれているが、
その片側にあるのがこの玉石の間。
少し広い部屋になっていて、一番鍾乳石も充実している場所である。

のけぞる

分かれ道まで戻って、今度はもう一つの通路へ。
こちらの道はさらに細くなっていて、
横向きに歩かされる上に、のけぞりながら進まなければならない。
いや、前屈みでも良いのだが、
のけぞって岩を見ながらすり抜けていく方が何となく楽なのだ。

天のカーテン

そしてもう一つの核心部の天のカーテン。
ここで鍾乳洞は行き止まりになる。

ここも多少は広い部屋になっているが、
しばらくここにとどまっていると、
後ろからどんどん別のお客さんがやってきて、
部屋はいっぱいになってしまった。

戻ろうにもあの細い通路に次のお客さんがやってきている。
申し訳ないが、のけぞりながらバックしてもらう事に。
そしてこちらも頭を下げるどころか、
のけぞりながら上目線ですれ違うという事態になってしまった。



=======================
ブログランキングにご協力下さい!
1票投票お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事のURL | 和歌山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。