2012 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2012 08
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
息づく墓標 ~花の窟~
- 2012/07/22(Sun) -
七里御浜

三重県熊野市の七里御浜にやってきた。
どこまでも続く海岸線。
そしてこれだけ美しい海岸なのに、
ほとんど人がいない。
遊泳禁止の海岸だからだろうか。


獅子岩

熊野を訪れるときには、古事記などの日本神話をかじっていると
面白さが倍増する。
まさに熊野は神の国で、至る所に神様の足跡を見ることができる。

ここは海岸沿いにある獅子岩
獅子が海に向かって吼えているように見える。
動物にたとえられる岩は数多くあれど、
ここまで見事なものは初めてだ。

熊野はこういった特長のある岩が多く、
それが神が宿る、神が降りる、神の墓などと
言い伝えられる元になったのであろう。

あの下が花の窟

この辺りで最も神に近いのが花の窟であろう。
この岩の下にある花の窟神社があり、
そのご神体として祀られている大岩が、
はじまりの神様イザナミの墓と言われている。

新しいお土産屋

今年が古事記編纂1300年だからだろうか。
花の窟の前にはまだ新しいお土産屋が立ち並び、
観光客であふれている。
地元の工芸品や食事処もあり、なかなか充実した場所で
なかなか侮れない。

花の窟神社

さて、花の窟神社のほうだが、
もう入り口からして神様のにおいがぷんぷんしてくる。
見た目は幹線道路の横にある普通の神社なのだが、
なぜか異界への入り口のように見えてしまう。

木々のトンネル

そもそもまったく信心などない人間なのだが、
この道はただならぬ雰囲気が漂っているのを感じる。

千と千尋の神隠しで、主人公の千尋がトンネルを抜けて異界にたどり着いたが、
まさにそんな感じなのだ。

鳥居のトンネル

やがて、神の領域と人の領域の境目である鳥居のトンネル。
鳥居の多さが神の領域の濃さを現しているのだろうか。

苔球

鳥居を抜けると禊ぎ場があった。
隣の巨大な苔球が気になる。

建物を抜ける

今度は社殿を抜ける。
建物自体は他の神社と違って神聖なものではなく、
ただ通り抜けるだけの建物のようだ。
建物自体も新しく、観光地になってから造られたものだろう。

巨大な岩が現れる

建物を抜けるとそこは異界そのもの。
巨大な岩がせり出し、圧倒的な存在感が押し寄せてくる。
これが花の窟、イザナミの墓といわれる大岩だ。

人の顔にも見える

日本を作ったイザナキイザナミの二人の神。
イザナミは火の神カグツチノカミを産んだときに、
大火傷を負って死んでしまう。
イザナミの死を悲しんだイザナキは、イザナミを居って黄泉の国へ。
しかし黄泉の国の食べ物を食べたイザナキは醜女となっていたため、
イザナキは地上へ逃げ帰ってしまう。
それが、古事記に書かれている神話の物語。

縄がかけられている

逃げ帰ったイザナキは禊ぎを行い、
その禊ぎによって様々な神が産まれた。
それが全国各地の神社に祀られている。

元々は異様な自然をただ単に人の手の及ばない神として崇めたところからスタートし、
それがやがて政治的な目的から体系的にまとめられ、
神社を造って整備されて行ったのだろう。

ここは自然信仰の原点を思い起こさせる場所である。

神光臨

大岩には縄がかけられ、毎年縄かけの儀式が執り行われているという。
見上げると太陽が真上に上がり、
まるで神が光臨してくるかのようだ。

心臓にも見える

岩にはツタが這い、心臓のように息づいているように見えてくる。
神の墓と言うが、古来の人々はこの岩に神を見たのだろう。




=======================
ブログランキングにご協力下さい!
1票投票お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
この記事のURL | 三重 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
山上のヒキガエル ~神倉神社~
- 2012/07/14(Sat) -
巨石信仰

新宮市の町並みのすぐ横にこんもり盛り上がった山がある。
その山の中腹に大きな岩が鎮座しているのが見える。
それが、神倉神社のご神体として祀られるゴトビキ岩だ。

息の切れる階段

神倉神社のゴトビキ岩は古事記日本書紀にも記述がある
神武天皇が東征の際に登ったといわれる天磐盾の山であるという。
さらにこの階段は源頼朝が寄進したといわれる538段の階段だという。
古来よりこの神倉神社は聖地としてあがめられた場所だった。

かなり急坂

階段はかなり急坂で階段も自然石でできており、
大きさがまちまちで非常に歩きづらい。
それでも上に登る人はたくさんいて、
この日もおばあさんが必死のパッチで上を目指して登っていた。

鳥居が見えてきた

汗だくになりながら階段を登り続けていると、
視界の先に鳥居が見えてきた。
やっとゴールにたどり着いたらしい。

光の回廊

ここからが本当の聖地という事らしい。
右側には巨大な岩盤があり、
その至る所から水が染み出して来ている。
古来より大きな岩には神が宿ると言われているが、
確かにこの岩から水が染み出す様は、生命の息吹を感じさせる。

岩からは水が染み出す

今でこそ新宮といえば北海道に行くより時間がかかるような場所だが、
昔はそうではなかったらしい。
人々の往来も多く、熊野古道という山の道もあり、船のルートもあった。
船のルートで行くならば、この神倉神社のゴトビキ岩は
目印になったであろうことが想像される。

ゴトビキ岩

ゴトビキ岩にしめ縄がまかれて祀られている。
ゴトビキとはヒキガエルを意味する新宮の方言らしいが、
確かに言われてみるとヒキガエルに見えなくもない。

新宮の町並み

大岩が鎮座し、新宮の町並みが一望できるこの場所は、
神が下界を見守る場所なのか。
それとも神が降り立つ場所なのか。




=======================
ブログランキングにご協力下さい!
1票投票お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ

この記事のURL | 和歌山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
神の生まれた大絶壁 ~大丹倉~
- 2012/07/01(Sun) -
下北山村を南下して七色ダムを越えると、三重県の熊野市に入る。
このあたりに入ると、もう見渡す限りの山の奥深くで、
陸の孤島といった場所である。
こういう秘境巡りをしなければ来ることもなかったような場所だが、
昔の人々はそうでもなかったらしい。

電車も通らない不便な場所だが、それなりに民家が点在している。
今でこそ忘れ去られた場所のようになっているが、
古来よりこの地は神々が舞い降りた伝説が数多く存在する。


高さ300m、幅500mもある巨大な大絶壁があると聞いて、
この地へやってきた。
それは大丹倉(おおにぐら)と呼ばれ、奥深い紀伊の山の中にそびえているという。

大丹倉を下から見上げる絶景ポイントがあるのだが、
中途半端な地図でしか調べていなかったので、
看板を頼りに進んでいくと、大丹倉の上までたどり着いてしまった。

大丹倉への道

上にも登るつもりだったので、順番は逆になったが、
駐車場に車を停めて看板を頼りに進んでみる。
だが、ここはまったくの山の中で、写真で見たような大絶壁があるように思えない。
良くわからない状態で、誰もいない山中を進むのは不安だったが、
とりあえず徒歩5分という標示を信じて進んでみる。

この岩を登っていく

確かに5分ほどで岩肌の見える場所にたどり着いた。
この後ろには高倉剱大明神が祀られており、
確かにこの岩場が神聖なものとして扱われているのがわかる。

とりあえず不安なまま、この岩場を登ってみることにした。


せり出す岩

うわ…。
突然広がる大絶景に驚いた。
大岩はそのまま空に向かって広がっている。

高い

見下ろすとはるか下に谷が見える。
大台ヶ原の大蛇ぐらも相当な大絶壁だが、
ここは柵もなく、訪れる人もいない。
上にあがったときの高度感はこちらの方が上かもしれない。

広い岩場

かなり広い岩場で、20人くらい弁当を広げて食べれるぐらいはありそうだ。

一歩先は奈落の底

一歩先は奈落の底。
岩の上にたっていると空を飛んでいるかのような浮遊感がある。

この地は神聖な地として修験の行場としても使われたようだが、
確かにそれもわかる気がする。
大きな自然の力を感じる場所でもあり、
自然の恐れを感じる場所でもある。
それを乗り越えることで、神聖な力を得ることができると
考えられていたのだろう。


丹倉神社

帰りに気になっていた丹倉神社(あかぐらじんじゃ)にも立ち寄ってみた。
大丹倉の上に登る途中の林道脇にあった神社だ。

車を停めるところもほとんどなく、道の脇ぎりぎりに寄せて停めて、
神社へ向かう階段を降りる。

神聖な岩

これだけ神聖な場所であるから、
ひそかに立派な社殿でもあるかと思えば、
単に大岩が祀られているだけだった。

しかし、これが古来からの原始的な信仰の形でなのあろう。
大岩と言えば、神話の時代に神が降り立ったったり、生まれたりする場所として
伝えられることが多い。
この丹倉神社で祭られている岩も、
岩肌に草や苔が覆い、大地の息吹が息づいているようだ。
人間の心臓のようという表現もできるかもしれない。

確かにここは神聖な場所という雰囲気に包まれている。


帰り道、思わぬところで大丹倉を見上げる場所を見つけることができた。
行きも通ってきた道だが、どうも後ろに見えていたらしく、
このポイントに気づかなかっただけらい。
道路上から、素晴らしい絶景が見えていた。

下からの絶景

道路脇に小さな看板と数台の駐車スペースがある。
この地の観光スポットは大体こんな感じで、
調べてこないと平気で素通りしてしまう。

滝が落ちる

突き出た大岩の中腹からは滝がおちているのが見える。
日本版、テーブルマウンテンといった趣だ。

あの岩に神様が住んでいるといわれれば、信じてしまってもおかしくない。
だからこそ、修験者はあの上に登って修行をしたのだろう。

あの上にいたのか

少し前まであの上にいたのだ。
ここからはどこにいたのか良くわからない。
神のみぞ知る。




=======================
ブログランキングにご協力下さい!
1票投票お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ


この記事のURL | 三重 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。