2012 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2012 06
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ぶちまけた白ペンキ ~ツキ谷の滝~
- 2012/05/20(Sun) -
下北山村に入り、池原ダムを渡る道へと進路をとる。
池原ダムから坂本ダム、そして尾鷲に抜ける道だ。
途中、尾鷲までは土砂崩れで抜けれないという看板があった。
どこまで行けるかわからないが、
このダム湖の横を通る道は、
関西屈指の滝ロードだ。
いや、日本トップレベルの、と言っても過言ではない。

池原ダムの外周道路を進み、坂本ダムへと通じる備後橋を渡る。
実は橋を渡らず直進すると、備後川に落ちるナル谷大滝と言う100m級の滝があるのだが、
かなり荒れた林道を進まなければならない。
この日も何とかチャレンジしたものの、
途中の谷で崖崩れが発生して道を塞いでいた。
もともとほとんど車の往来のない林道なので、
復旧の見込みもあるのかどうかもわからない…


最大水量

備後橋を渡ってしばらく車を走らせると、
道路からダム湖に向かって落ちる滝を見ることができるだろう。
これがツキ谷の滝である。

以前訪れたときには知らなかったのだが、
この滝の下まで降りれるらしい。
ちょうど落ち口の上に橋があるので、そこから眺めてしまうが、
下に降りれるポイントはその少し手前のカーブにかかる橋の場所。
ちょうどこの写真のあたりだ。

降りるぜぇ

大きな岩がごろごろ転がっている怖そうな崖だが、
慎重に進めば、意外に簡単に降りることができた。

何より、今まで見たことのないほどの最大水量のツキ谷の滝
眼下に見えているのだ。
降りないわけには行かない。


見えてきたぜぇ

頑張って岩を乗り越えながら降りていく。
だんだん滝が大きく見えてきた。
観光案内もなく、これほどの滝が無造作に道路の下から落ちているなんて、
もったいないことと言ったら…


激しいぜぇ

下までたどり着くと、そこは最高の特等席。
これだけ激しい滝が落ちているのに、
水飛沫がほとんど飛んでこない。
目の前の水の暴走を少しの怖れを抱きながら、
ゆっくり眺められる。

橋の下からあふれ出す

大阪にこの滝があったなら、あの上の道路には
大きな展望台ができていることだろう。
しかし、ここはダム湖と道路以外はまったくの自然のまま。
谷へと岩石も落ち放題。
その岩石のおかげで、人間の造ったダム湖に降りることができるのだから、
皮肉なことだ。

白ペンキをぶちまけたよう

どうもこの滝の色は、際立って白く見える。
白いペンキをぶちまけたようだ。

その原因は恐らく、落ちてきた水が大きな岩にぶつかって
砕け散っているような流れだからだろう。
湖面近くに大きな岩があって、
その岩に当たった水が爆発したかのように広がっている。
泡立つ水がその白さを引き立てているのだろう。


高速シャッター

シャッター速度を上げて撮影すると、
水が白い粉が粉塵爆発したようにも見える。

ダム湖の水は緑色や青色や光の加減によって深い色に変わる。
そこへ白い色が飛び込んでいく、自然のアートの世界。
ずっと堪能していたいが、滝ロードはまだまだ始まったばかり。
次へと進むために先ほど降りてきた崖を、今度は登って戻る。

ちなみにこの滝へは船でも来ることができる。
池原ダムはバス釣りのメッカで、釣り客用として
ジェットボートの貸し出しをしている。

滝を見ながらの釣り。
なんと贅沢なんだろう。




=======================
ブログランキングにご協力下さい!
1票投票お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト
この記事のURL | 奈良 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
深瀬の光竜 ~深瀬滝~
- 2012/05/19(Sat) -
169号線を南下し、深瀬トンネルを越えると、
池原ダムの湖が見えてくる。

道路横に落ちる水の流れ

何度か通った道で滝の存在も知ってはいたが、
その核心部にはまだ足を踏み入れていない。
深瀬滝はそんな近くて遠い滝だった。

ミラーの後ろに水の流れが見えるだろうか。
深瀬滝の端は道路の下へと流れ落ちている。

ダムに流れ込む

道路の下を通った流れは、池原ダムの中へと落ちていく。
大雨の後だけあって、かなりの水量だ。
これは期待が持てる。

本体はこの上

滝は大きく分けて3段。
道路から見えている部分は2段目で、3段目はダムへと落ちる部分。
道路さえなければ、これだけでも充分見ごたえのある滝だろう。
落差60mといわれる1段目の滝を見るためには、
滝横の急な階段を登って行く必要がある。

道無き坂道を強引に登る

今まで訪れていなかった理由が、この階段の上の斜面。
道はなく、わずかな先人達の踏み跡を頼りに登っていかなければならない。
斜面は急で木々をつかみながらよじ登る必要がある。
わずかな距離だが、相応の覚悟を強いられる。

手袋をはめて、気合を入れる。
近くの木の幹をつかみ、一気に体を斜面の上に押し上げて行った。


光り輝く滝が出現

深瀬の光竜。
木々の合間から見える光輝く滝身は、
天へと飛び立つ竜のように見えた。

明るさを調整すると浮かび上がる

カメラの明るさを調整すると、
落差60mの滝が浮かび上がる。
かなり高度のある岩の斜面を白い水が広がりながら流れ落ちている。

水量が少ないと迫力に欠けるが、
この日は豊富な水量で、圧巻の迫力だ。

斜面を流れ落ちる

光に照らされた深瀬竜がその身を広げ躍動していた。




=======================
ブログランキングにご協力下さい!
1票投票お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ


この記事のURL | 奈良 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
裏庭の滝 ~白滝~
- 2012/05/16(Wed) -
ゴールデンウィークを利用して、
1泊2日の紀伊半島縦断旅行に行くことにした。
これまで何度か訪れた169号線を吉野から南下して、
北山村から新宮に抜けるルートだ。

下北山村までは過去に訪れた滝などをおさらいして、
そこから先ははじめて訪れる。

ちょうど前日まで大雨の天候だったので、
滝も迫力を増しているだろう。


小さな集落

上北山村の西原という集落に到着した。
ここに白滝と言う滝が落ちているという。

場所がちょっとわかりにくいのだが、
169号線から、西原の郵便局を目指して、
集落に入る細い道を少し入ると白滝に到着する。

山間の集落

西原は山間の集落で、集落の中央を川が流れ、
吊橋が両側をつないでいる。
お店などは見当たらないほどの山奥深い集落だが、
なかなか風情のある場所である。

こんなところに滝があるとは

白滝は民家のすぐ裏手に落ちている。
道路横にすぐにあって、横には駐車スペースもある。
とくに観光地と言うほどのものではないが、
小さな看板も立っていた。

それにしてもこんなところに滝があるのと驚かされる。
裏庭に滝があるようなものだ。

緑の後ろに白く

裏庭の滝としてはかなり立派だ。
落差25mの2段の滝。
木の枝の後ろに上段の滝が白く見えている。
予想より上から落ちてきており、
大雨の後の水量増とあいまって、かなり見ごたえのある滝になっている。

なかなかの迫力

大きくは二段の滝だが、途中で複雑に分岐し、
枝分かれしたりしていている。
画面左からはホースから放出されたように
水が横から飛び出している。
これは違う流れなのだろうか。
水量がかなり増えているので、複雑な流れになっている。



近くの林泉寺

白滝から169号線を少し南下し、白川地区に出る。
赤い橋を渡ったところに、林泉寺という小さな寺がある。

実はこの境内から岩屋谷雄滝という落差130mの大滝が望める。

落差130m岩屋谷雄滝

遥か遠くに白い水の流れが見える。
あれが岩屋谷雄滝。そしてその下には同じクラスの雌滝が落ちている。
実際にたどり着くことができるのは、
険しい道無き道を進める選ばれた人だけらしい。

このあたりの滝はやはりスケールが違う。




=======================
ブログランキングにご協力下さい!
1票投票お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ



この記事のURL | 奈良 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
秘境への入口 ~高滝~
- 2012/05/12(Sat) -
分岐点

岩と水の芸術を楽しみながら宮の谷渓谷の奥へ進んでいくと、
ようやく滝へ向かう分岐点に到着した。

左は風に揺れる落差80mの「風折の滝
右はこれから向かう落差60mの「高滝
かなり魅力的な分岐点だが、風折の滝への道は
整備されておらず、かなり危険な道。
確かに左側を見ても道と思われるものが見当たらない。
今の実力では選択肢は右しかなかった。


不明瞭になってくる

とは言え、高滝に向かう道も、
今までと違ってかなり不明瞭になってくる。
一瞬道を見失って、目印のテープを探す。

滝っぽい雰囲気

両側に崖が迫り、滝が近いと思わせる追うな雰囲気になってきた。
階段も掛けられていて、これなら滝までたどり着けそうだ。

谷の奥に見える滝

ほどなく、谷の奥に大きな滝が落ちているのが見えてきた。
綺麗にまっすぐ落ちている見事な直瀑だ。

が、ここからがなかなかの難所だった。


道が崩れている

滝前の道は崩れていた。
右岸の壁が大きく崩れており、
完全に道を塞いでいる。

突破する

滝は目の前。
道は途切れているとは言え、進めないことはない。
崩れた斜面の上を突破し、転がる大岩をよじ登りながら、
慎重に前に進むことで、なんとか強引に突破。
ここまで来たら、引き下がれない。

滝前に出る

少々時間はかかったが、なんとか滝の前に到着。
もう少し近づきたかったが、ここらが限界のようだ。
元々の登山道もここで終わっている。

激しい流れ

滝の水が固まりになってどさっと落ちてくる。
大きな滝特有の落ち方だ。
空中に飛んでいる間に、水が固まりになるのだろう。
もっと高さがあると、水は霧状になってしまうらしい。
そのため、あまりにも落差のある滝は滝壺ができにくい。
この高滝もまた、あまり大きな滝壺はできていなさそうだ。

対岸へ進むには力不足

この宮の谷渓谷には高滝風折の滝以外にも数多くの大きな滝が落ちている。
高滝を大きく巻いて上流に上がると、
猫滝やどっさり滝という変わった名前のついた滝があるらしい。

しかし、そこにたどり着くには、
この対岸の斜面をよじ登って行かなければならない。

注意喚起の看板も立てられており、
安易にいける場所ではない。
そもそもこの斜面のどこが道なのだろうか。
行けそうなら行ってみようとも思って来て見たが、
これは一人の手に負えるような代物ではなかった。

滝は秘境への始まり

高滝は秘境への入口。
今はまだ見上げることしかできない。



=======================
ブログランキングにご協力下さい!
1票投票お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ

この記事のURL | 三重 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。