2011 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2011 09
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
現れる岩の彫刻 ~猿尾滝~
- 2011/08/18(Thu) -
遠くに見える

兵庫県のスキー物メッカ、ハチ北高原を少し北に越えた場所に、
猿尾滝がある。
日本の滝百選にも選ばれている名瀑で、
国道からも近く訪れやすいことから、
観光客も多い。

滑滝が続く

滝からはこのように、ずっと滑滝が続いている。
奥には、すでに猿尾滝の下段が見えており、
そこからずっと、人口の水路のように滑滝が通っている。

子供が水遊び

この日も観光客が多く訪れており、
川には水遊びをする子供たちがいた。
さらに、油断をしていると、
猿尾滝の駐車場に観光バスが停まり、
おばさま達が大挙して襲来するという。

基本的にあまり人の訪れない秘境のような場所をめぐるのだが、
ここは少々メジャーすぎたのかもしれない。

猿尾滝全景

滝前に到着して、さらに驚いた。
滝前のベストポジションに、レジャーシートを広げて
お弁当を広げている家族。

観光客が次々に訪れて、みんながカメラで撮影に勤しむど真ん中での昼食会。
滝の全景を撮影しようとすると、
どうしてもこの家族が入ってしまう。
よくもまあ、こんなところで…、と呆れるが、
やむなくぎりぎり入らない角度で作成。

滝はまあ、日本の滝百選に選ばれるだけあり、
立派な滝である。

二段の流れ

滝は上下2段でそれぞれ趣を異にする滝で、
総計落差60mあるという。
上段は奈良の御船の滝を思わせるような直瀑で、
下段は下流の滑滝の続きのような滝になっている。
上段の滝にも滝壺があり、
そこにも行くことができるのだが、
あまりしっかりとした標識がないので、
観光客のほとんどが下段の下までしかやってこないようだ。


豪快な上段

来た道を少し引き返し、
斜面を登る山道を登っていくと、
5分ぐらいでこの上段の滝までやってこれる。

上段は下段と違って豪快な滝だ。
複雑な岩壁が水飛沫を倍増させ、
それを差し込む太陽の光で白く輝いている。

ご来光


下にいたときは、少し水量不足に感じたが、
ここにいると、水量充分に感じる。

岩肌がいろいろなものに見える??

この滝の岩肌は、色々なものに見えるらしい。
観音様、仏像、マリア像、岩ザル…
自然の彫刻がそんな姿を想起させるらしい。
うーん、どうでしょう…
モアイ像が並んでいるようには見える気が。


答えはこんな感じらしいです。
↓↓↓
ポスター




=======================
ブログランキングにご協力下さい!
1票投票お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
この記事のURL | 兵庫 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
絵になる滝 ~猿壷の滝~
- 2011/08/10(Wed) -
兵庫県但馬の扇ノ山の懐に、
猿壷の滝という、写真家たちに愛される滝がある。
落差5mぐらいの滝なのだが、
緑の中に落ちるやさしい滝は、
幻想的な雰囲気の美しさで魅了させてくれる。

猿壷の滝


猿壷の滝は、兵庫県の新温泉町という鳥取県に近い場所にある。
国道9号線で湯村温泉を越え、鳥取県境の少し手前を
上山高原方面へ南下。
そして豊かな棚田の田園風景の中をひたすら南下すると、
道は畑ヶ平林道という山道へと変わる。
狭いくねくね道をどんどん登って行くと、
高度も1000mに近くなって、気温もぐっとさがってくる。

お面ヶ滝

この畑ヶ平林道沿いには、猿壷の滝以外にも多くの滝が並んでいる。
最初に出会うのが、このお面ヶ滝。
林道から見ることもできるお手軽な滝だが、
写真以上のスケールがある。
もう少し水量があれば迫力も増すのだろう。

お面ヶ滝アップ

滝の真下まで行けそうだったが、
夏の雑草に道が覆われていて、この日は断念。
望遠レンズで簡単に撮影するにとどめておいた。



つき刺さる流木

次の大きな滝は、この苔滝。
苔滝は道路川は見えないので、
道路にかかる橋から川に下りて、
少し上流に遡らなければならない。

川に下りると、上流に苔滝がすぐに見えてくる。
事前の情報では、滝の岩肌が緑の苔に覆われているとの事であったが、
この日は緑の苔になるほど覆われていない。
滝前には流木が突き刺さっており、
最近の豪雨で苔も流されて行ったのかもしれない。

この苔滝の上流には、同じような滝がまだあるとの事だが、
アプローチも険しそうなので、今回はパスすることにした。


亀滝

林道に戻り、さらに車を進めると、
道路に覆いかぶさるような亀滝が見えてくる。
水量は少なく、流れるというよりは降ってくるという感じの滝だが、
車から降りることなく見ることができる。


どこが入り口

雨の後だとそれなりの大きさになりそうな滝群を楽しみながら、
畑ヶ平林道をしばらく進むと、
今回の最大の目的地である猿壷の滝に到着した。
看板もあり、ここを少し越えたところに5台ぐらい停めれそうな
駐車スペースもある。

草を掻き分けて

夏は草木は、道を覆い尽くす勢いである。
草を掻き分けて進むのはちょっと厄介だなと思っていたが、
入り口を越えれば比較的歩きやすいようにはなっていた。
人気の滝だけはあり、踏み跡が至る所にあるので、
獣道ならず滝見道みたいなのができている。

渓流林

拾った木の端で草を掻き分けて川まで降りると、
そこにはまさに自然の渓流林というべき姿が広がっている。
遊歩道のような道はなく、水場を靴を濡らしながら進む必要があるので、
防水の登山靴程度は必要かと思われる。

ジャングルのような

猿壷の滝までは5分もあればたどり着くが、
ジャングルのような原生林の中を足を濡らさずに進むのは
少々苦戦するかもしれない。

あたりは雑然とした様々な草木に覆われて、
一気に秘境に踏み込んだような雰囲気に包まれる。
川から出る水蒸気と草木から出る水蒸気が溜まり、
非常に湿度の高い空間になっている。
そのため、足元には羊歯が、倒木や岩肌には苔がびっしりと生えている。

この奥が猿壷の滝。
駐車スペースに車が停まっていたので予想はしていたが、
二人のカメラマンが三脚をセットして、
本格的な撮影に勤しんでいた。

すだれ

邪魔をしては悪いかなと、少し遠慮しつつ、
隣でこちらも撮影させてもらう。

何といってもこの滝の魅力は写真映りの良さだ。

この空間は頭上も木々に覆われていて、
木漏れ日が差し込むぐらいで、少し薄暗い。
日光が強すぎると、滝をスローシャッターで撮影した際に
明るく飛んでしまうので、このぐらいの条件が最適だ。

さらに岩と草の隙間から流れる幾筋の滝も、
スローで撮影するととても綺麗に写る。

緑と影の暗さと滝筋の白さのコントラストが、
写真にしたときに非常に映えてくる。

まだまだ撮影技術の未熟な私でも、
おおーっと言う様な写真が簡単に撮れてしまう。

少しアップで

三脚を持ってきていないので、少しブレが出てしまうが、
いろいろな角度と条件で撮影したくなる滝である。

少しアップで注ぎ口を狙ってみる。
白糸のように水が流れ落ちる姿がまた美しい。

横からのショット

今度は横にも回りこんでみる。
やはり、どこから撮っても絵になる滝だ。

水飛沫で近づけないような大滝もまた見ごたえがあるが、
小さくても風情のある滝もまた飽きさせない魅力がある。

猿壷の滝

思いつくままに色々な角度で撮影し、
ひとしきり満足することができた。

先着のお二人はまだまだ撮影を続けるようだ。
レンズを換えたり、微妙に位置を変えながら、
真剣にカメラに向かっている。

少し会釈をして、少し後ろ髪をひかれる思いで、
猿壷の滝を後にすることにした。




=======================
ブログランキングにご協力下さい!
1票投票お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ


この記事のURL | 兵庫 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。