2011 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2011 05
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
老将の桜 ~又兵衛桜~
- 2011/04/24(Sun) -
シチュエーションが最高

奈良県宇陀市の又兵衛桜を訪れた。
訪れたのは4月10日。
満開にはまだ少し早いがこの人手に驚いた。
1本の桜にこれだけの人が集まるのは、
石垣跡に樹齢300年のしだれ桜という
風情たっぷりのシチュエーションに惹かれるからだろう。

さらに、この又兵衛というのは、
大坂の陣で活躍した豊臣方の武将、後藤又兵衛に由来する。

関西人、特に大阪人は豊臣びいきで、
大坂の陣で敗れた武将達の人気は高い。
特に後藤又兵衛は真田幸村と並ぶ大坂方の軍師として、
人気を集めている。

後藤又兵衛は生きていた!?

近くの看板には、大坂城から落ち延びてこの地に逃れついたなどと、
堂々と書かれているが、
実際は大坂夏の陣の道明寺の戦いで銃弾を浴びで討ち死にしているはずである。

後藤又兵衛が死ぬ際に、配下の武将達は降伏せずに
次々と敵陣に切り込んで討死を選んだことからも、
当時から人気の高い武将だったことがうかがえる。
その人気が伝説となって今も生きているので、
この様な看板ができあがってしまったのだろう。

満開に少し早いか

満開ではないものの、又兵衛桜は大坂城の後藤又兵衛に匹敵する
存在感を放っている。

古びた石垣と老木

空に根を張るような姿。
老獪な戦術で徳川軍を翻弄した後藤又兵衛の名を
冠するだけはある。

空はまた青く

この日は好天にも恵まれ、
青色が桜のピンクに良く映える。

日本人の女性がピンクが大好きなのは
日本人が桜好きなのが影響しているんだなぁと
ふと思ったりした。

桜のピンク、空のブルー、雲のホワイト、山のグリーン。
自然の色は素晴らしい。

にぎわう

たくさんの人々で賑わう又兵衛桜
後藤又兵衛は大坂の陣で激戦の末に斃れたが、
彼を愛する人々の心の中でずっと生きている。



=======================
ブログランキングにご協力下さい!
1票投票お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
この記事のURL | 奈良 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
歪んだ断層 ~玄武洞~
- 2011/04/16(Sat) -
玄武洞

兵庫県の豊岡にある玄武洞を訪れた。
城崎へ行く途中のついでのような感じで立ち寄ったのだが、
予想していたよりも大きく迫力のある岩肌であった。

二つの穴

玄武洞というのは洞窟ではなく、
このように少し穴が開いた程度のものである。
それより特徴的なのは、規則的に並んだ岩が
亀の甲羅のように見える。
だからこそ亀の神獣の玄武の名が冠せられているのだろう。

緑の池に棲む巨大な亀

玄武洞の前には緑色をした池があり、
まるで池の中に住む巨大な亀のように見える。

この岩はマグマが冷え固まった際にできるもので、
柱状節理とも呼ばれ、地震大国である日本各地で
見られる現象である。
そのなかでもこの玄武洞ほど立派なものはなく、
国の天然記念物にもなっている。

歪んだ断崖

自然のなせる業ともいうべき構造物だが、
人口の芸術とも見えなくもない。

歪んだ断層とも言えるような姿に、
大地のパワーを感じるような気がした。


朱雀洞

これは朱雀洞。
辺り一体がこのような柱状節理になっているのだが、
朱雀洞は幾分、こじんまりしている。


白虎洞

玄武・朱雀・白虎・青龍とそれぞれ四神の名を冠した岩があるだが、
これにはちょっと違和感とネーミングの安易さがあるような気がする。

玄武洞は、もちろん亀の甲羅のイメージと玄武岩による柱状節理から
名前をつけられたのだろうが、
他の洞はただ単に四神になぞらえられただけ。

たぶん観光地になった後に無理やりつけられたような気がする。

すべて玄武洞でいいように思えるが…


=======================
ブログランキングにご協力下さい!
1票投票お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ

この記事のURL | 兵庫 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。