2010 12 ≪  01月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2011 02
黒い岩と白い飛沫と白い雪 ~蜻蛉の滝~
- 2011/01/29(Sat) -
雪の駐車場

駐車場は雪の中。
奈良県も吉野より南へ行くと、とたんに雪深くなる。

当初は吉野から熊野へ抜ける国道169号線を通り、
下北山の滝ツアーに行こうと思っていたが、
国道ですら雪に覆われて、
ノーマルタイヤの車では到底たどり着けそうにない。

そこでやむなく、川上村の入り口にある
アクセス容易な蜻蛉の滝を訪れることにしたのだが、
国道を外れるととたんにこの有様である。

ずるずるとタイヤを滑らせながら、
何とか広い駐車場へ到着。
タイヤの後が残っているので、
何人か先客がいたのだろう。

誰かの作った雪だんご

駐車場から滝へ向かう途中の橋の上に、
雪だんごが並べられていた。
朝から子供が遊びに来ていたのだろうか。
ちょうど太陽の光が差してきて、
キラキラときれいに輝いている。

融け出した雪がごそっと落ちてくる

蜻蛉の滝までは、整備された遊歩道を2、3分歩けばたどり着くのだが、
この日は雪が積もって、油断するとすぐに足を滑ってしまう状態。
転んでしまわないように、慎重に歩いて行くので時間がかかる。

外は晴れてきているが、
山の中に踏み込むと、木々に積もった雪が降り落ちてきて、
傘が必要になるくらいの雪模様だ。

白と黒のコントラスト


ほどなく滝見台に到着。
今回で3回目になるので、見慣れた滝だが、
この滝の特徴である黒い岩肌と雪の白さが良いコントラストを出している。

滑る落ちる水飛沫

岩肌を白いしぶきを立てた水が滑り落ちる。
この滝はくりぬかれた穴のような形状をしており、
穴の下へと水が落ちて行くような感じだ。
そして、穴にしたにも道が作られており、
簡単に行くことができる。

見あげる

下へ降りて滝を見上げる。
水量は多くもなく少なくもない。
今回3回目だが、この滝はわりと安定した水量を保つようだ。

滝見台から見た2段

上から落ちてきた水は、谷底の甌穴のような穴へと溜まる。
そして穴から溢れ出した水は、
また滝となって次の穴へと落ちて行く。

谷底は静かで滝の音以外は一切聞こえてこない。
寒さでキーンと静まった雰囲気は、
夏には味わえない感覚だ。

夏の滝は緑が映えて、写真としてはきれいだが、
冬の滝の緊張感も都会の喧騒の中では味わえない、
貴重な感覚だと思う。



=======================
ブログランキングにご協力下さい!
1票投票お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ

この記事のURL | 奈良 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
神戸テーブルマウンテン ~百丈岩~
- 2011/01/01(Sat) -
そびえたつ百丈岩

神戸の北にこんなところがあろうとは。
西宮北インターの北側、鎌倉峡と呼ばれる渓谷がある。
それを見下ろすかのようにそびえたつのが百丈岩。
麓の駐車場に着くなり、天を支える柱のような雄姿を見せてくれた。

この看板を見落としていた

百丈岩の頂上までは約20分。
見た目よりずっとお手軽に頂上まで登れるらしいが、
最初はこの看板を見落としてしまっていた。

上級者コース

ロッククライミングでも有名な百丈岩。
恐らくここは上級者用のルートなのだろう。
ロッククライマー達はこの岩壁を登って行くのだろう。

さすがにこの岩壁は

さすがにこれはパスして先へ進むが、
あるのは道無き枯れ谷のようなルートで、なかなか上へ登るルートが無い。
結局、30分ぐらいさまよって、
先ほどの看板まで戻ることになったのだ。


第一の鎖場

気を取り直して、一般ルートへ。
とはいえ、さすがの岩壁。
早速現れたのは第一の鎖場。
こんな急峻な岩場を鎖を頼りによじ登らないといけない、
なかなかアドベンチャーなコースだ。

遥かに見える百丈岩

第一の鎖場を抜けると、
木々の隙間から百丈岩が見えるポイントに出た。
天に突き出す神戸のテーブルマウンテン。
というには本家のテーブルマウンテンに失礼か。

第二の鎖場

そして、第二の鎖場へ。
急な勾配の道が続くが、こんな楽しいアスレチックな場所があると
疲れも吹き飛んでしまう。

第三の鎖場

第三の鎖場。これが最後の鎖場ポイントだ。
この日から新調した登山靴のグリップが頼もしい。
一歩一歩慎重に足場を確保しながら登っていると、
上から子供二人をつれた家族が降りてきた。
小学生ぐらいの男の子が運動靴でひょいひょいと岩場を降りて来る。
怖いもの知らずの子供ならではなのだろうか、
わりと本格装備の自分が少々恥ずかしい…


一望


第三の鎖場を抜けると、百丈岩を一望できる
絶好のポイントに出ることができた。
垂直に切り立った岩壁は、
ギニア高地のテーブルマウンテン、
岩の上に教会でも建っていたら、
ギリシャのメテオラとでも言おうか。

規模は比べようも無いが、
大阪からわずか1時間もあればこの絶景を見ることができる。

ここまで来れば、百丈岩の頂上まではあとわずか。

岩の上へ

木々が覆う道を抜け、視界が広がる。
最後にこの空へと向かう石の階段を登ると、
ついに頂上へ到着した。

頂上到着

足が震える。
両側は絶壁。もう少し先までがんばれば行けそうだが、
あまりの高度感に、この真ん中ぐらいまでしか行けなかった。

それでも十分な展望。
周りも見渡すと、遠くに三田の町並みも見える。
こんな近くに絶景の秘境があるとは思わなかった。

神戸の人々から忘れ去られたロストワールドがここにあった。



=======================
ブログランキングにご協力下さい!
1票投票お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ
この記事のURL | 兵庫 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
| メイン |