2010 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2010 12
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
幻を追いかけて ~まぼろしの滝~
- 2010/11/20(Sat) -
古座川源流では大雨影響でできた滝に行く手を阻まれ、
消化不良気味であったので、
もうひとつの滝まで足を伸ばしてみることにした。

古座川の支流にかかる、その名も「まぼろしの滝
道路ができるまでは何日もかけて踏み込まなければならないような
山奥深くに眠る、まさに幻の滝だ。

古座川上流の大塔山登山口から戻って、
途中の道を北西に折れる。
ここも細い道で、ほとんど車も通らないせいか、
至る所に折れた木や小さな落石が転がる。
舗装はされているものの、なかなか気を遣う道だ。

30分以上はそんな道を走っただろうか。
やがて道は行き止まりに到着した。

まぼろしの滝は存在した

まぼろしの滝の看板が見える。
文字はしっかり見えているものの、
看板を支える木は忘れ去られたように朽ちている。

横を流れる川は相変わらず水量が多く、
道路まで水が溢れ出しているほどだ。
今回はたどり着けるだろうか…

5分ということらしいが

滝まで5分とのことだが、道はどこに?
苔むした岩が雨水で湿ってとても滑りやすい状態。
とりあえず、この岩場を乗り越えて行かなければならない。

看板もあって、遊歩道も整備されているかと思いきや、
まぼろしの滝への道筋はなかなか最初から手強い。


自然の鉄条網

岩場を越えると、今度は鉄条網のように曲がりくねった木々が
行く手を遮る。
まるで魔女の館の周りにある茨の道のようだ。
谷は太陽を遮り薄暗く、曲がりくねったシルエットを
不気味に演出している。

奇妙に曲がりくねった木

いったい、この曲がりくねった木は何なんだろう。
まっすぐな木に絡みつき、寄生して養分を吸い取っているようだ。
山が何か得体の知れない物に侵食されているように思える。
ほんとに不気味で引き返した方が良いような気分になってくる。


さらにさかのぼる

さらに川の横をさかのぼる。
やはり水量が多く、かろうじて道であっただろう場所にも
水が溢れ出してきて、足場をかなり制限させてくる。

ガレた岩場を白い飛沫を上げながら流れてくる川は、
美しくもあり、恐ろしくもある。

しかし、行く手に明るい光を感じ、
滝の存在を感じるようになった。
滝の轟音は川の流れが激しすぎてかき消されてしまっているが、
滝前の開けた空間があることはなんとなくわかる。

まぼろしの滝は、事前の調査によると、
絶壁からまっすぐ落ちるきれいな直瀑だが、
いつもは水量が少ないため、風によっては右へ左へと流れる
風折れの滝となっているらしい。


問題のポイント


さて、今回もまた問題のポイントに辿り着いてしまった。
道は川の反対側から続いている。
川を渡らなければならない。
普段の水量なら簡単に渡れるのだろうが、
今日のこの水量では結構深さがありそうで、
濡れずに渡りきる事はできそうにない。
どこか岩飛びポイントでもないか周囲を調べるも、
流れもきつく、岩も濡れているので危険が伴う。

が、今回はあきらめたくない。
こんなこともあろうかと、持ってきたアウトドア用のサンダルを
ザックの中から取り出す。
ズボンのすそをまくり上げ、川の中へと進入。
冷たい水がひざまで届くが、何とか川を突破。
ここまで来たら引き下がれない。


あれは幻か

対岸に渡るとすぐに、見えてきた。
あれは幻か。
一条の白い光の筋が一直線に流れ落ちている。

光の中に幻の滝が見える

一歩ずつ近づくにつれてはっきりと見えてくるまぼろしの滝
それは想像以上に迫力のある立派な直瀑へと変貌していた。

滝の周りだけ明るく陽が当たり、白い飛沫が光り輝く。


全貌が見えてくる

やがて木々の切れ間から全貌が見えてきた。
水量が少なく風折れの滝と言われた姿はどこにも無く、
ダムの放流のように一気に流れ出してくる。

迫力満点

かたまりとなった水は地面に叩きつけられ、
近寄ることのできないくらいの水飛沫を巻き上げている。

注ぎ口

注ぎ口からはあふれるように水が流れ出している。

まぼろしの滝全景

まぼろしの滝は幻ではなく確かにここに存在した。
言い伝えのような風に霞むような滝ではなく、
山々の水を集めて力強く。

人々を寄せ付けない深い山、木々も川の水の試練も乗り越えた者だけが
見ることを許される絶景。

少し無理をして足を運んで良かったと思える瞬間。

小さな障害は乗り越えられても、この壁だけは越えられない。
圧倒的な自然の前に、しばし立ち尽くすことしかできなかった。



紀伊山地の山の奥の奥


紀伊半島の最深部。
どこまでも続く山々。
林道まで降りてきても、なかなか余韻が冷めることは無かった。




=======================
ブログランキングにご協力下さい!
1票投票お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
この記事のURL | 和歌山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
谷をふさぐ滝 ~古座川渓谷~
- 2010/11/13(Sat) -
古座川沿いの道をさかのぼる。
一枚岩より1時間ぐらいは車を走らせただろうか。
あまり状態の良くない1.5車線道路なので、
実際の時間以上に長く感じる。
ただほとんど対向車がいないのが幸いだ。

木々に覆われた渓谷


到着した大塔山の登山口。
古座川の源流にあたる大塔山は、山としても有名だが、
今回の目的は2本の滝、植魚の滝張尾の滝だ。
植魚の滝は洞窟上の空間に落ちる神秘的な滝で、
シワガラの滝を髣髴とさせる雰囲気のある滝だ。
張尾の滝は美しい滝つぼを持つ、こちらも劣らず神秘的な滝だと言う。

とくに植魚の滝はどこかの雑誌の写真を見た瞬間に魅せられて、
いつかは行ってみたいと思っており、
今回の紀伊半島一周の旅のクライマックスに持ってきたぐらいだ。

大塔山登山口の看板

さあ出発だ。
二つの滝まではさほど距離はないが、
何度か渡河ポイントがあるという。
いつもは身軽な格好で歩いて行くのだが、
今回は慎重に装備を整えて出発することにした。


橋の横から川へ降りる

橋の横から渓流となった古座川へと下りる。

心配されるのは台風の影響による昨晩から今朝にかけての大雨だ。
今朝の那智の滝の近寄ることのできない増水っぷりをみると、
川の渡るポイントの多い今回に不安たっぷりだが。
とりあえず、行けるところまで行こう。

天候は回復して雨は上がっているものの、
谷底の緑に囲まれたこの場所は、
雨の中を歩いているような湿気に包まれている。


予想通り水量が多い

川の横まで下りると、一瞬にして山奥の秘境に来たような雰囲気になる。
人間の手の及ばない、本当の山奥の秘境だ。

しかし、予想していたものの水量は多い。
滝ツアーの場合、水量は多ければ多いほど歓迎ではあるが、
今回の滝の場合は水量はむしろ少ない方がありがたい。

とはいえ、川横の遊歩道までは水は到達しておらず、
今のところは歩くには差し支えない。

ただ、これ以上増水してくると、
両側が谷になっているため、すぐに逃げ場を失う。
大自然の美しさはいつも危険と隣りあわせだ。

引き返した方が良さそうな理性に反して、
自然の美しさに見せられたまま、奥へと歩みを進めてしまう。


道をふさぐ滝

3分も歩いただろうか。
ふと歩く先に轟音をとどろかせながら水飛沫が上がっているのが見える。
滝だ。こんなところになぜ。
ルートは調べきたはずだが、こんなところに滝があるのは確認していない。
しかも、遊歩道をふさぐ形で落ちており、
その滝が作り出す水飛沫は、谷底を埋め尽くすほど激しい。


聞いてないよ

これは・・・。
しばし絶句して滝を眺めてしまった。

恐らく昨日からの雨でできたにわか滝だろう。
しかしそれにしても、相当立派な滝だ。

落差はざっと見ただけでも20mはあるだろうか。
木々に遮られて良くは見えないが、
谷の上からずっと続いているのだとすると、
それ以上の落差があるかもしれない。
水量もにわか滝とは思えないほど多く、
川に直接注ぎ込んで、あたりを水飛沫で包み込んでしまっている。

谷底の川に崖から流れ落ちる滝。
川の水量が多ければ、宮崎の高千穂にも良く似た絶景だが、
今回ばかりは途方にくれてしまった。

道は完全に滝に飲み込まれており、
無理やり進もうと思えば、川を突っ切るしかないが、

川を渡ろうにも

川を渡ろうにも水量が増えている上に流れも激しい。
深さはひざ上ぐらいはあるだろから、
足をとられて流されかねない。

渡れそうなポイントを少し探してみたが、
たとえ渡れたとしても、滝の作り出す水飛沫の中を突っ切るので、
全身はすぐにびしょ濡れに。
しかも先を見ても、何度も川を渡って行かなければ先に進めそうに無い。

とても無理だ。
遡行用の装備でもしてこなければ、とても進むことができない。
せっかく、紀伊半島の中心部ともいえる場所へ
はるばるやってきたのに、目的地である2つの滝を見れないのは残念だが、
ここで怪我でもしたら大変なことになる。
涙を飲んで断念することにした・・・。

さよなら滝たち


さよなら滝たち。
また来るよ。

岸壁の至る所から水が染み出してくる。
豊富な保水力を持った紀伊半島の山が、
下流の古座川や熊野川の美しい流れを作り出しているのだろう。

最後にもう一度恨めしそうに振り返って、この場を後にすることにする。




=======================
ブログランキングにご協力下さい!
1票投票お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ


この記事のURL | 和歌山 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
古座川エアーズロック ~一枚岩~
- 2010/11/03(Wed) -
本州最南端の潮岬から、今度は紀伊半島内陸部へ向かう。
串本から北上すると、古座川沿いの道へ出る。
古座川は紀伊半島でも屈指の清流で、
北は大塔山を源流として、本州最南端の串本へと注いでいる。
この旅が目指す最大の目的地も、この古座川源流だ。


道の駅一枚岩

古座川沿いの道をしばらく走っていると到着するのが、
水車がトレードマークの道の駅「一枚岩

そしてトレードマークの水車が霞むほどに目の前には
絶景が広がっている。



そり立つ壁

巨大な岸壁。その名も「一枚岩
滝をめぐっていると、巨大な岩には何度も出会うが、
これだけ大きな一枚岩は初めてだ。

なんだこの大岩は

なんだ、この大岩は…。
幅500m高さ100m。
まさに古座川エアーズロック

右下に写る人と比較してもらえれば、
この大きさも理解してもらえるだろう。


木も生えているが

赤茶けた岩肌に深緑が映える。
圧倒されるような大岩だ。


古座川の清流

川原まで下りてみる。
昨日の大雨の影響で水量が増えているにもかかわらず、
古座川の流れはまさに清流の名にふさわしく、透き通っている。

目指すはこの清流の源流部。

道の駅の岩しか見えない展望レストランで腹ごしらえして、
さらに上流部へと進む。




=======================
ブログランキングにご協力下さい!
1票投票お願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ

この記事のURL | 和歌山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。