2009 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2009 11
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
モノクロの世界 ~白崎海岸~
- 2009/10/31(Sat) -
和歌山県の由良にある白崎海岸は、
石灰岩の白い岩に囲まれた不思議な場所である。

すべてが真っ白の空間。
まるでモノクロの世界に来たようだ。

キャンプ場になっている

白崎海岸白崎海洋公園として整備されており、
オートキャンプ場やダイビングプールなどを併設している。

陽が落ちてきた

しばらく歩いていると、だんだんと陽が落ちてきた。
白い岩肌は太陽の赤い光に当てられて、
ピンク色に染まっていく。

幻想的な光景だ。

展望台への階段

駐車場の奧に見えるのが、展望台に続く階段だ。
この白壁の上へ上れるのはここだけある。

もう少しで展望台

沈みかけの太陽に照らされながら、
白い岩の間を進んでいく。
磯の香り、波の音が聞こえてくる。
あの上まで登ると、広がるのはきっと海だ。

海が見えた

展望台に登ると、やはり海が見えた。
不思議なことにこの一帯だけが白い岩がむき出しになっている。
それがこの白崎海岸を生み出しているのだが、
白という色がなんだかすべて人工のものに見えてしまう。

人工物ではないかと思って岩肌を触ってみるが、
岩は紛れもなく自然のものだった。

石灰石が多い地質と言うことで、
この白崎海岸の近くには戸津井鍾乳洞がある。
水に溶けやすい石灰石が、地下に洞窟を造るのだろう。
これだけ地上に石灰石が露出しているのなら、
秋吉台のような、もっと巨大な鍾乳洞があっても
おかしくないような気がする。

今日が終わる

さらに海へと沈んでいく太陽が、ますますその赤さをましていく。
それにつれて、純白の岩は徐々に色付き始める。
モノクロの世界が崩れていく。

こうして、今日が終わった。



=======================
ブログランキングに投票お願いします!
クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事のURL | 和歌山 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
旅人が仰ぎ見る山 ~太郎坊宮 阿賀神社~
- 2009/10/03(Sat) -
太郎坊

東近江の平野を走っていると、きれいな三角形の山容が見えてきた。
岩肌の露出したこの山は赤神山という。
標高350m。
この山の中腹に建物が見えるだろうか。
ここが今回の目的地、阿賀神社。通称、太郎坊宮だ。

立派な建物

車で急な坂道を登り切ると、
目の前に先ほどの遠景で見えていた立派な建物が見えてくる。

太郎坊入口からの眺め

振り返ると滋賀県の広大な平野の眺めが広がっている。
ほのかに流れる風が心地よい。
遮る物は何も無く、壮観な眺めだ。

この阿賀神社が設立されたのは約1400年前だと言われている。
交通標識もない時代に、これだけ立派な山があると、
旅人達にとって良い目印になったであろう。
道も整備されておらず、集落もまばらな時代、
道に迷うと言うことは死を意味することでもある。
昔の人はこの山を見つけ、
自分の来た道が正しかったことを神に感謝したことだろう。
この山が神聖視されるのも理解できる話である。

急な階段

神社は急峻な崖を這うように造られており、
トップの写真で言うと、上部の岩肌が見えている部分まで
参道が造られている。

早速、急な階段を登っていくことにする。
振り返ると足がすくむくらいの急な階段だ。

龍神舎御霊水

階段を登り切ったところにある御霊水。
ちょうどこの横から進む道が、隣の箕作山への登山口となっている。
赤神山へはご神体のため登らないで下さいとの看板があった。
このような切り立った山だ。
以前登った天狗岩のような絶景が見られるかもしれないのに、
残念なことだ。

見えてきた夫婦岩

されに上へと登る。
お賽銭を入れる場所には事欠かない場所だなと
思っているうちに、最上部に位置する夫婦岩が見えてきた。

そり立つ岩

そり立つ岩壁。
それが二つに割られたように、間に細い道が通っている。
悪心を持つものは両側の岩壁に挟まれてしまうとのことである。

日頃の行いが悪いと挟まれます

日頃の行いが悪くないかと、胸に手を当て進み、
なんとか夫婦岩を無事に通り抜けることができた。

この岩は最初から割れていたのだろうか。
それとも道を繋げるために掘って造ったのだろうか。
神社的にはこの赤神山に棲む天狗がまっぷたつに割ったというのが
正解かもしれない。
いずれにしろ、迫ってくるような岩肌はなかなか迫力がある。

うーん良い景色

抜けた先には拝殿と展望台があった。
滋賀県が一望できるような場所だ。

この山に棲む主は、下界を見下ろして何を思うだろう。
やはりここは神の山なのかもしれない。




=======================
ブログランキングに投票お願いします!
クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ
この記事のURL | 滋賀 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。