2009 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2009 10
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
竜の砦 ~天狗岩~
- 2009/09/06(Sun) -
砦のような天狗岩

大地から突き出た岩の山。
竜王山系の中でもひときわ存在感のあるこの岩山が天狗岩である。
難攻不落の要塞のような姿は、竜の砦とも言うべきか。

この要塞を制圧すべく、歩みを進める。

天狗岩への道

天狗岩への道は、竜の背を竜の頭に向かって歩いていくような感じだ。
竜王山特有の花崗岩がむき出しになったゴツゴツとした道を
進んでいかなければならない。
耳岩からの道程は、アップダウンもあり、
一度森の中に潜り、小さな水場を越えて進むことになもる。

ほどなく、天狗岩の麓に到着するが、
ここは、木々に囲まれて眺望は望めない。
ただそりたつ壁があるのみである。

注意書き

天狗岩の前にはこんな看板があった。
鎖場があるなどと聞くとなぜか心が躍る。


よじ登る!

さあ、最初から難所だ。
設置されているロープを支えにして、
岩肌に体を持ち上げる。
足場を確保しながらゆっくり進めば
さほど難しい道ではない。

さらによじ登る

岩には矢印が書いてあるので、
一番アプローチしやすいルートを選択することができる。
この道順でなくても上には上れるようだが、
何の装備も無いのであれば、素直にルート通り進むべきだろう。

木の根っこをつかみ、体を岩の上にぐっと持ち上げよう。

saraisarani.jpg

最後は左右が岩壁に挟まれた細い道を上っていく。
空が見えてきた。もうすぐ頂上だろうか。
天然のアスレチックもそろそろゴール地点。

だが、最後のこの坂は見た目以上に難関だ。
滑る足元、しかもあまり引っかける足場もない。
脆い花崗岩のため、力をかけるとぼろぼろと砂になって崩れていく。

何とか両壁に手を支えて登り切ろう。
最後はよじ登り気味に体を持ち上げると・・・

頂上に登る

遮る物のない眺望が広がっていた。

まさに頂上。いや頂点か。

360度の眺望

360度の眺望はまるで空を飛んでいるかのようだ。

冒頭の写真の頂点に立っている。
できることなら、手前の耳岩からここに立っている姿の写真を
撮ってみたかった。

大津方面をみる

大津方面もばっちり。
新名神も望むことができる。

滋賀県を統治する竜の砦を今、制圧した。



=======================
ブログランキングに投票お願いします!
クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事のURL | 滋賀 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。