2009 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2009 09
竜の鱗 ~竜王山~
- 2009/08/23(Sun) -
新名神が見える
竜王山から鶏冠山辺り一帯を湖南アルプスと呼ぶ。
花崗岩でできたこれらの山が、
稜線上に岩肌をむき出しにし、
アルプスの山嶺を歩いているかのような登山を
楽しましてくれる。

ちょうどこの山の下を新名神のトンネルが貫いており、
道路を通っていると、このゴツゴツとした岩山を
見ることができる。



駐車場からの景色

新名神の信楽インターから、金勝寺方面に向かう。
金勝寺の林道をさらに進んでいくと駐車場に到着。
琵琶湖から大津・草津を一望できるこの駐車場が
最もお手軽に竜王山にアプローチできる場所だ。


整備された登山道

整備された登山道を進むこと約15分。
あっけないほど簡単に竜王山山頂に到着できる。

竜王山山頂

山頂とはいえ、周りが木々に囲まれて
あまり良い眺望を望むことはできない。

しかし、一方からは、この竜王という名前の由来になったであろう
竜の鱗のような岩の背が見ることができた。
目指す岩場は

今回の秘境探検ツアーの目指す場所はあの岩場だ。
一旦、竜王山山頂を降り、分岐点からさらに奧へと歩みを進める。
竜の眠るあの場所へ。


茶沸地蔵

やはり、昔からこの山は神聖な山として崇められてきたのだろうか。
これは岩に彫られた茶沸観音。
この他に、今回はパスしたが狛坂磨崖仏など、
岩に彫られた仏様があちこちに点在している。
これは、竜のようなこの山への信仰も関係しているのだろう。

分岐点の看板

白石峰の看板に到着。
行けるものなら鶏冠山経由で湖南アルプスを縦走してみたいが、
お手軽装備とまた車を取りに戻らなければならないと考えると、
今回のゴール地点は天狗岩だ。

ここから先は、先ほど竜王山山頂から見えていた
竜の背のような場所だろうか。
急に岩肌が剥きだし、奇岩が林立する場所に出る。

岩場を乗り越えて

行く手を阻む岩場を乗り越えて、

岩場をくぐり抜けて

迫り立つ岩場をくぐり抜け、
アスレチックコースのような道を楽しみながら進む。

木々が少ないため、時折、素晴らしい眺望が広がるポイントがある。
少し岩をよじ登り、それらを楽しむのも良いだろう。
しかし、この先にはそれらを遥かに凌ぐ絶景が待っている。


耳岩を仰ぎ見る

それが、この耳岩と呼ばれる頂上に着き出した岩だ。
突き出した岩の上からは、何も遮るもののない絶景が広がっているに違いない。


耳岩

岩場の道を進んでいくと、
やがて目の前に耳岩が姿を現した。
耳のように丸く突き出した岩。
そして、その向こうには何も無い空が広がっている。

遮る物もないため、かなり強い風が吹いている。
注意して岩によじ登っていくと、
冒頭に紹介した新名神の見える写真の景色が広がってくる。

新名神が見える

高速道路から見えていたあの岩山の上に立っている。
高速道路からここに立つ人の姿は見えるのだろうか。

強い風に一歩踏み外せば奈落の底というスリル感。
まさに絶景と呼べるポイントだ。


だが、今回の最終目的地はこの耳岩ではなく、天狗岩だ。
天狗岩はこれよりさらに15分ほど進まなければならない。

砦のような天狗岩

ついに姿を現した天狗岩
それは難攻不落の砦のような、壮観な姿だった。


=======================
ブログランキングにご協力下さい!
閲覧者は増えてきたみたいだけど、
なかなかランキングがあがらないね~。
やっぱり、更新スピードを上げないとだめかなぁ・・・。

ポチッとよろしく。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ
この記事のURL | 滋賀 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
流爽ヶ滝 ~龍双ヶ滝~
- 2009/08/23(Sun) -
滝が緑の間から見えてきた

福井県の鯖江インターから東へ約30分。
福井県下一の滝、「龍双ヶ滝」へと辿り着く。
県内で唯一の日本の滝百選に選ばれている。

さすがに百選滝とあって、駐車場も遊歩道も整備されて、
快適な滝鑑賞が楽しめる。
しかも、さほどメジャーになっていない滝のため、
人も少なく、滝を独り占めすることもできる。

岩の斜面を滑り落ちる

川の本流へと注ぎ込む滝で、
川の横の崖上から末広がりに流れてくる。

落差60m。
近づいてみるとなかなかの迫力だ。

すだれのように流れ落ちる

豪快に落ちてくる滝ではないが、
岩肌を沿うように流れ落ちてくる滝は爽快だ。
激しさがない分、すぐ近くまで寄る事ができ、
水蒸気をまとった涼しい空気を感じることができる。

真下から見上げる

真下に行って、見上げてみる。
巨大な流しそうめんを楽しんでいるようだ。

納涼の滝

是非とも夏に訪れて欲しい滝だと思う。
30度を超える真夏日でも、ここでは2~3度は低い気温だろう。
爽快な風が流れている。

鮮やかな緑の木々の間から漏れる光が、
白い飛沫にキラキラと輝いている。




=======================
ブログランキングにご協力下さい!
閲覧者は増えてきたみたいだけど、
なかなかランキングがあがらないね~。
やっぱり、更新スピードを上げないとだめかなぁ・・・。

ポチッとよろしく。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ
この記事のURL | 福井 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |