2008 10 ≪  11月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2008 12
大峰山の玄関口 ~龍泉寺とかりがねの橋~
- 2008/11/29(Sat) -
世界遺産で一躍有名になった大峰山。
関西屈指の標高を誇るこの大峰山系を抜け
多くの修験者達が熊野へ訪れていったという。
その玄関口とも言えるのが、
奈良県天川村の洞川であろう。

ごろごろの水という名水が有名で、
温泉も湧くことから、昔から宿場町として栄えていた。

龍泉寺

ここは大峰山龍泉寺。
大峰山の麓にある寺で、修験者達がここで修行してから
熊野の聖地に向かうという。

滝修行

滝行を行う場所もあった。
一応、申し込めば滝に打たれることができるようなことが書いてあった。
隣に更衣室も完備してあり、やはり今でも滝行を行う人が
いるのだろうか・・・。

鉄下駄

役行者が従えた鬼が履いていた鉄下駄…
かどうかはわららないが、
鉄下駄に滝行と非日常的なものがたくさんある。

この龍泉寺から山の上に登っていくと、
かりがねの橋という吊り橋に辿り着くことができる。
かなりの高度感

この洞川という場所自体が歴史遺産の様なものなので、
観光のために造りました的な吊り橋には少々がっかりするが、
吊り橋からの眺望にはなかなか目を見張るものがある。

橋の上から町並みを見下ろすと、
洞川という場所が、
山の奥深くの谷間にある宿場町ということがよくわかる。

かりがね橋

高さ50m全長150m。
かなりの高度感があり、歩くたびにゆらゆらと揺れて、
高いところが苦手な人はかなり怖いだろう。

この先に進むと展望台もあり、
さらに洞川の町並みと大峰山系も一望できるスポットとなっている。

龍泉寺の逆さ大峰山系

山から下りて龍泉寺に戻る。
池の水面に大峰山の山々が逆さになって映っていた。

1000年以上も昔、人々は何を想って
この山を目指したのだろうか。


=======================
最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
ブログランキングに参加していますので、
気に入って頂けたなら、一票お願いします。
クリックすると、同じカテゴリーのブログのランキングが見られますよ!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ
この記事のURL | 奈良 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
一番深い秋 ~みたらい渓谷・秋~
- 2008/11/14(Fri) -
このブログで初めて記事にしたのが、みたらい渓谷だった。
その時のタイトルは「関西屈指の渓谷美」
一度、紅葉の時期に訪れたいと思っていたが、
やはりここはその名に恥じぬ美しさだ。
美しい渓谷が続く
まだ紅葉の色づきはもう少しと言ったところだが、
深緑に囲まれた前回の訪問に比べ、
まだら模様に色付き始めた山々はまた違った趣がある。

秋も深い渓谷

この日はもみじ祭の開催日で、
交通規制が引かれていたので、
それが解除される夕方4時を過ぎてから訪れてみた。

やはり、自然の美を堪能するには人が少ない方がよい。
すでに日が傾き始めていたが、
その分人はまばらで、駐車場にも苦もなく停めることができた。

橋

みたらい渓谷は観光地化されているため、
こうした立派な橋が谷に架けられており、
渓谷美を上から堪能することができる。

観光地化される事には議論もあるだろうが、
みたらい渓谷程度の観光地化なら自然にマッチしていて
許される範囲だと思う。
ましてやこの橋や階段がなければ、
この深い渓谷に足を踏み入れることすらできないだろう。

紅葉はもう少しか

前回の訪問時には北側の洞川方面から山の中を歩いてきたが、
今回は時間もないのでみたらい渓谷すぐそばの駐車場に停めて来ている。
ここからだといきなりクライマックスだ。
崖の横の階段を登り、滝を脇目に吊り橋を渡ると、
巨岩が転がるスケールの大きな深い渓谷が広がる。
渦巻く水
岩岩の間を澄んだ水が複雑な流れとなって渦巻いている。
その水の流れを眺めているだけで、
一日中過ごしていられそうだ。

まだら模様の山々

赤や黄、そして緑が重なり合った山の木々は、
書きかけの油絵のキャンバスのようだ。

一番深い秋がここにある。




=======================
最後まで読んで頂き、ありがとうございます。
ブログランキングに参加していますので、
気に入って頂けたなら、一票お願いします。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ
この記事のURL | 奈良 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |