2008 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2008 08
緑の草原 ~砥峰高原~
- 2008/07/27(Sun) -
杉道を進み山の頂を目指して進んでいくと、
ぱっと目の前に草原が広がる。
見渡す限りの緑


ここは兵庫県神河町にある砥峰高原
砥峰高原は200万年以上前の氷河期に氷河によって削られてできた高原らしい。
夏には一面の緑。
秋には一面のススキ野が広がる。

ススキ野と言えば、以前に紹介した曽爾高原も有名だが、
ここ砥峰高原もそれに劣らぬスケールで、
我々の目を楽しませてくれる。

湿原の池

砥峰高原はもともと湿原で、このような池や、
草の下を無数の小川が流れている。
池にはアメンボたちがすいすい泳ぎ回り、水辺にはトンボが飛び交っていた。

木の板の道

草原のには木道が整備されており、
その木道は草に埋もれて遠くからは見えないので、
ここを歩いていると、まるで緑の海の上を歩いているかのようだ。

草原の中の人
写真の中央に赤い服を着た人が見えるだろうか。
どんよりとした曇天の下、幻想的な緑の草原の中に、
異質な赤色の服を着た女性の姿。
最初見た時に幽霊でもいるのかと思ってしまった。

何のことはない、ただ草原も真ん中に木道が通っていて、
その道の上を女性が歩いているだけのことである。

草原の中に入るとススキを痛めてしまうので、立ち入り禁止となっているが、
このように木道や遊歩道が整備されているので、
散策には最適な場所ではないだろうか。

東屋からの眺め

入り口から張るか2.4km先には展望台があり、
砥峰高原が一望できるらしい。
ただ、この日はそこまで行く元気もなく、
とりあえず途中600mにある東屋からの写真を。

砥峰高原には夏でも心地よい緑の風が吹いている。



=======================
ブログランキングに参加しています。
最後まで読んでいただけたなら、
どうか下のバナーをクリックしてやって下さい。
更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ
この記事のURL | 兵庫 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
天空の城 ~竹田城~
- 2008/07/12(Sat) -
天空の城。
それは空想や想像の世界ではなく、実在する。

和製マチュピチュとも言える壮大な山城跡、「竹田城」を訪ねた。


竹田城見取り図


播但道和田山インターからすぐの場所に、この竹田城は存在する。
標高353.7mの古城山の山頂に築かれた城で、
中心に本丸を抱き両翼を大きく広げたような形をした城である。

山城だけあって、相当な登りを覚悟しなければならない。
車で急な坂道を登り、山の中腹あたりに駐車場が整備されている。


近道を行く

ここから竹田城に行くには、散策道とこの近道があるが、
迷わず近道を選択。
しかし、こちらの道はなかなかの急坂である。
がんがん登る

天空の城への期待を胸に、がんがん登る。
登る、登る。
されど、まだ城の雰囲気すら現れてこない。
どんどん登る

されにどんどん登る。
さすがにここまで一気に登ってくると息も上がってくる。
だが、まだ城の姿は見えてこない。

そうして登ること15分。ようやく石垣が見えてきた。
石垣が見えてきた

想像以上の立派な石垣だ。
どうやってここまで運んできたのか不思議なほど。
そびえる石垣

見上げるとさらに立派な石垣が続いている。
建物は残っていないが、この石垣が過去の栄華を想起させる。
そして今や石垣に緑が包み、神秘的な雰囲気すら漂う。
難攻不落の城

難攻不落の城。
この山の頂に築かれた竹田城に攻め込むのはまず不可能ではないだろうか。
頂にせり出すように石垣が組まれ、相手を威圧するような風貌を見せている。


さらに本丸へ向かって登り続ける。
外敵から身を守るために造られた城だけあって、
まっすぐには登らせてくれない。
何度も石垣の迷路を迂回させられながら、本丸跡へ辿り着いた。

そこには言葉を失うような壮大な風景が広がっていた。

天空にそびえる


翼を広げて


眼下に広がる町並み。そしてその上に浮かぶかつての要塞。
まさに天空の城にふさわしい姿だ。

播但道遠望


先ほど通ってきた播但道が見える。
現代の技術を結集した高速道路という建築物も、
この天空にそびえる城の前では、ただの一風景と化していた。




=======================
ブログランキングに参加しています。
最後まで読んでいただけたなら、
どうか下のバナーをクリックしてやって下さい。
更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ
この記事のURL | 兵庫 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン |