2008 03 ≪  04月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2008 05
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
地底の大広間 ~河内風穴~
- 2008/04/29(Tue) -
滋賀県多賀町にある近畿最大の洞窟、「河内風穴
発見されている場所だけでも総延長は6800m。
観光地化されているのはそのうちの200m程度だが、
さらに奥には、鍾乳石の織りなす鐘の鳴池、森の間、
推進10m以上の蒼い地底湖や地底河川が存在するという。
まさに自然の作り出す地底の建造物がここにある。



小さな入り口


洞窟と聞くと子供の頃からずっと同じくワクワクしてくる。

入り口の駐車場に車を停め、受付でお金を払い
美しい渓谷沿いを進むこと5分から10分。
山の中腹付近にぽっかり空いた小さな穴。
ここが巨大な地底世界への入り口である。

ぼろぼろの防護柵とさび付いた看板。
このさびれた感じがまた良い雰囲気を醸し出している。

白い冷気が出て行く


小さな入り口に身をかがめながら体を潜り込ませる。
洞窟の奧からは冷たく白い冷気が立ちこめてくる。

入り口は狭いが、中まで入るとやっと直立できる程度の高さに。

暗い道を進む


崩れかけた壁。
洞窟内部は湿気を含んでおり、壁も地面も濡れている。
滑りやすいので注意しながら奧へと進む。

すると、程なく視界が広がり・・・


巨大空間


突然、目の前に巨大な大空間が広がっていた。
小さく写る人を見れば、この空間の大きさを理解してもらえると思う。
20m四方はあろうかという大空間。
ここは地底のコンサートホールとも言うべき広大な空洞だ。

入り口の小さな穴からは想像もできないほどの大きさ。
ここを初めて発見した人はさぞかし驚いたことだろう。
日本とは思えないほどのスケールの大きさだ。

地底の川


さらに、この大広間のそこからは水の流れる音がする。
降りて近づいてみると、なんとそこには川が流れているではないか。
岩と岩の間を流れるその川は、水量こそ少ないものの
かなり早い勢いで流れている。

しかし、川の上流も下流も見えない。
岩の間から湧き出るように現れて、岩の間に隠れるように消えていく。
ほんとに不思議な川である。


ラビリンス


観光洞は200mと短い。
しかし、奧にある立ち入り禁止の柵の向こうには、
まだまだ未知の世界が広がっている。

ほんの一端を見てもこれだけの驚きを与えてくれるだから、
さらに奧には驚愕の世界が広がっている事だろう。

残念ながら一般人の私には、
魅惑の地底迷宮には踏み込むことができない。
ネット上の本物の探検隊の写真を見て、
羨むばかりである。




=======================
ブログランキングに参加しています。
最後まで読んでいただけたなら、
どうか下のバナーをクリックしてやって下さい。
更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
この記事のURL | 滋賀 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
サクラのシュプール ~奥琵琶湖パークウェイ~
- 2008/04/19(Sat) -
琵琶湖の北岸の入り江は、山が湖岸までせり出しており、
フィヨルドのような地形をしている。
湖だけあって、波も少なく、とても静かな景観を見せてくれるこの場所も、
サクラのシーズンだけは、車が行列を作るほどのにぎわいとなる。

訪れたのは先週なので、今は葉になっているようですが、
この奥琵琶湖パークウェイは、4月の中旬ごろに
4000本の並木が18.8km続く、
絶景のドライブウェイなのである。

海津大崎を望む

このシーズンだけなのだろうか、
道は西から東への一方通行。
その奧琵琶湖パークウェイの西側入り口付近からは、
同じくで有名な梅津大崎を遠望することができる。
湖岸沿いに並木がずっと続いている眺望は壮観だ。

桜並木を進む


奧琵琶湖パークウェイに入ると、このような並木が続く。
道の両側にに桜がせり出して、桜のトンネルの用になっているところもあり、
美しい景色を存分に堪能させてくれる。

この日はちょうど満開。
すこし雨模様だが、濡れた花びらもまた風情がある。


琵琶湖を望む

途中の展望台からは、琵琶湖を一望できるようになっている。
展望台は、ちょうど琵琶湖に突き出した山上みたいな場所で、
琵琶湖のほか、天気が良ければ伊吹山も眺めることができる。
桜のシーズン以外でも充分景観を楽しめるだろう。
この写真も梅津大崎を撮ってみた。


サクラの道


今、通ってきた桜道を振り返ると、
桜が描くシュプールが琵琶湖の山々を彩っていた。


=======================
ブログランキングに参加しています。
最後まで読んでいただけたなら、
どうか下のバナーをクリックしてやって下さい。
更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ
この記事のURL | 滋賀 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。