2007 06 ≪  07月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2007 08
絵画のような物語 ~奇絶峡~
- 2007/07/08(Sun) -
今日の秘境探検レビューは和歌山県田辺市の奇絶峡。
この一風変わった名前の渓谷は、
大小様々な奇岩が転がる事から名付けられたものと思われる。
県道沿いすぐの所にあるので、たどり着くのは簡単である。

小さな駐車場に車を停めて、奇絶峡へと降り立った。
一本のススキ

確かに、大きな岩がごろごろと転がる渓谷ではあるが、
隣に道路が走っているので、あまり風情があるとは言えない。
ただ、訪れたのが日も傾き始めた夕方前だったので、
空から柔らかな日差しが差し込み、
清流がキラキラ光る様は、とても心地良かった。
赤い橋

ここには赤い橋が架かっている。
歴史を感じさせる橋だが、わりときれいな橋なので
作られたのはわりと新しいのだろう。
その赤い橋を渡りきると、滝が見えてくる。
不動滝と言うそうだ。

実はこの奇絶峡探検は、地図に載っていた名前に惹かれて
出かけて行ったのだが、
あまり調べていなかったので、この滝の存在は知らなかった。
さほど水量はないものの、渓流と先ほどの橋とマッチした
風情のある滝である。
山、川、そこに架かる橋。
日本庭園のような場所である。
昔の人は、こんな日本の自然風景を切り取って
自分の庭に持ってきたかったのではないだろうか。


上から滝を見下ろす

滝の横には、上へと伸びる道がついており、
滝を見下ろすところまで行くことができる。
上から滝を見下ろすのもなかなか。

さらに上へと道が続いているが、何かあるのだろうか。
日も落ちかけていたが、なんとなく行けるところまで
進んでいこうと思った。

実はここからが秘境探検。
滝の音が遠くに聞こえ、さらに音も届かない場所へと
どんどん登っていく。
途中、かなり危険と思われる木の階段があった。
朽ちた階段

所々、朽ちているし、上に乗ると少しぐらつく。
もし足を踏み外そうものなら、滝のある断崖へと真っ逆さま。
すこし緊張しながら進んでいく。

そうして、少しあたりが開けたところに出て、
そろそろ頂上かと思ったその時、
目の前に巨大な石仏が現れた。
磨崖大石仏

これは、古代人が残した遺跡ではないのか。
こんな山奥の山頂付近に、誰が何のために石仏を彫ったのか。
やはり、高野山や熊野神社のある修験の地「和歌山」
きっと、霊験あらたかなこの地で修行する僧が
一心不乱に彫ったに違いない。
そう思って、近づいてみると、
なんか看板が…
「堂本印象派が残した原画を…」
なんだ、結構新しいのね…

遺跡発見かと思って、ちょっと興奮したんだけど、
実は観光地化の一端みたいなもんなのね。
これが千年以上前のものだったら、まさに秘境なんだけどね。
ただ、山頂の大岩に彫られた石仏を見上げていると
なかなか神秘的な風景ではある。


以上が奇絶峡レポートであるが、
実はこの奇絶峡の最大の魅力は、
帰りの駐車場から見る景色にあった事を発見。

個々のパーツで見ると、さほど凄い場所ではない。
渓流はそこそこ美しく、滝も風情があるし、
石仏もなかなかの迫力がある。
ただそれは、ここでなくてもあるものである。

しかし、この全景を見渡せる場所に立つと、
すばらし場所だと言うことがわかった。


奇絶峡全景

頂上には仏が座り、その足下の大岩から滝が流れ落ちる。
そして麓に架かる赤い橋。
そのすべてのパーツが組み合わさって、
絵画のような物語がそこにはある。
これこそが、この奇絶峡の魅力ではないだろうか。
この記事のURL | 和歌山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
廃坑探検 ~生野銀山~
- 2007/07/01(Sun) -
江戸時代、日本の銀は世界を席巻していたという。
当時、世界の3分の1もの銀を算出していたとも言われている。

銀の産出地といえば最近、世界遺産に登録された
石見銀山が有名だが、
関西で言うなら、この生野銀山が最たるものだろう。
生野銀山の開坑は西暦807年までさかのぼり、
昭和48年に閉山する。
今年で、開坑以来1200周年と言うことらしい。

かつて栄華を誇った生野銀山。
数々の欲望の歴史を積み重ねてきたこの地の
なれの果てを見てみたいとずっと思っていた。



入り口

あいにくの雨天であったが、
それが逆に神秘的な景色を演出してくれた。
かなり観光地化されていて、廃坑というさびれた感じは薄れるが、
逆に観光地化されていなければ、廃坑探検というような事は
危険立ち入り禁止となって、できないであろう。

写真の霞んでいる辺り一帯が生野銀山である。

坑道に入る道はすぐのところがあるが、
すぐ近くにきれいな滝があり、遊歩道が整備されているので、
そちらに寄り道してみる。

入り口の滝

この滝の横の階段を上っていくと、
かつての鉱山の堀り跡が点在する場所にたどり着く。
坑口

どうせなら、こんな坑道を懐中電灯を片手に
探検してみたかった。
古代の財宝が眠っているかも。
慶寿の堀切

ここは、銀脈が地表に出ていたらしい。
それを削った跡がこれ。
豊富な産出量を誇っていた事を思わせる。



さて、ここからが本番の生野銀山の坑道探検。
いざ

せっかくなら、もっと無造作に坑道の入り口があった方が
雰囲気が出るのだが…。
さび付いた看板にうっすらと残る生野銀山の文字…
みたいなのがいいんだけどなー。
水族館の入り口みたいな看板が邪魔です。
まっ、これも昭和の観光地事業のなれの果てみたいで
良しとしましょう。

中にはいると、さすがに洞窟だけはあって、
外より気温がぐっと下がる。
半袖では少し肌寒いくらい。
ダンジョン

なかなかのいい雰囲気。
ドラクエのダンジョンに潜っているようだ。
所々のライトが鉱山の感じが出ている。

やはりこういうところに潜っていると、
かつてのインディージョーンズやハムナプトラなどの
映画を思い浮かべてしまう。
映画で言えば、こういうところを歩いていると、
突然、骸骨が動き出して襲いかかってくるんだろうな。
この廃坑であれば、出てくるのは
落盤で命を落とした坑夫たちの亡霊とか。

と、思っていたら・・・


で、でた~~~~
亡者

突然現れた、坑夫に驚かされる。
実はこれ、かつてここで働いていた人を再現した人形で、
坑道内の至る所に配置されている。
演出の仕方では、素敵なお化け屋敷ができるかも。
そんなのができたら、場所が場所だけに、相当怖いと思う。

さらに進むと、かつての採掘現場の廃墟が見えてくる。
廃坑の洞窟

この階段はどこまで続いているのだろう。
残念ながらここ上って行くことはできなかった。
迷宮

中は相当広い。
歩いていけるところだけで。1000mあるそうだ。
ちなみに掘られた坑道の総延長は350kmにも及ぶらしい。

残されたベンチ

残されたベンチ。
これはいつからここにあるのだろうか。
この生野銀山がまだ開坑していた頃のものか、
観光地化された後のものか。
いずれにせよ、昭和の遺物。
何十年もここに存在していたものだろう。

長い長い坑道を一周して、約30分。
ようやく出口へ。
出口の光がまぶしい。

今回の廃坑探検だが、けっこう観光地されていて
観光客もちらほらと見受けられた。
どうせなら、変な人形など置かずに、
当時のままで保管していれば良いのにと思った次第。

まあ、ここもいずれ経営が行きづまって、
閉山してしまったとき、本当の廃坑探検ができるんだろうな…
と思ったりして…。
今日、歩いた道程は、まだ、全体の3500分の1。
通行禁止になっている場所なんかを探検していけば、
まだ発見されていない古代の遺物が見つかるかも。
そういう可能性を思わせる廃坑探検でした。


最後に、帰りに通った黒川渓谷の風景が
すばらしかったので、アップしておきます。

黒川渓谷

霧の峠




=======================
ブログランキングに参加しています。
最後まで読んでいただけたなら、
どうか下のバナーをクリックしてやって下さい。
更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ
この記事のURL | 兵庫 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
| メイン |