2007 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2007 07
緑の洞窟 ~シワガラの滝~
- 2007/06/17(Sun) -
裏側から見てみる


緑色の苔と草木に囲まれた洞窟の中に、注ぎ込む水流。
水音だけが響く静寂の世界。
この神秘的な滝は、シワガラの滝と言って
扇ノ山の北、兵庫県と鳥取県の境界付近に位置し、
滝フリークの中では知る人ぞ知る滝らしい。

この情報を得て、早速行ってみることにしたのだが、
なにしろ全く観光地されていないため、
地図も何もない状態。
私の持っている関西道路マップでは、
滝の存在はおろか、近くの林道も載っていない。
いくつかのホームページで紹介されているので、
その情報を集めて、滝に向かうことにした。

和田山ICから約2時間。
9号線をひたすら鳥取方面進む。
ハチ高原、神鍋高原というスキーのメッカの脇を通り抜け、
湯村温泉の温泉街を脇目に通り過ぎ、
千谷という場所で南に左折する。
しばらく進むと、上山高原という看板があるので、
看板が示すとおりに右折して、山上への道を上っていく。

このあたりは海上と言うそうだ。
海の上と言うより、山の上なのだが…
その海上の集落を抜けると、すばらしい景観の棚田が広がる。
山の頂に配置された棚田は、日本版マチュピチュのよう。
この景観を見るだけでも、ここに来る価値がある。

その景観を楽しみつつ、さらに進んでいくと
ようやくシワガラの滝へ続く道へと到着する。

道ないじゃん・・・

ここは道?
生い茂る草木でほとんど道が見えない。
この草木を分け入って進んでいって、
果たして戻ってこれるのだろうか…
これはちゃんとした装備をして進むべき場所ではないだろうか…
ジーンズにスニーカーみたいなお手軽ハイキングモードの私の
行く手をはばむかのような入り口である。

一抹の不安を感じつつも、
逆に探検隊としての冒険心にも火がついた。

道の痕跡を頼りに、背丈ほどの草をなぎ倒しながら進む。
草が半袖の腕にちくちく。
草花にとまっているハチの機嫌におびえながら進むと、
程なくきれいな遊歩道に出ることができた。

やれやれ・・

木漏れ日の中を進む

今日は30℃の真夏日だったが、
ここは木陰でひんやりして気持ちいい。
勾配はけっこう急だが、歩きやすいのであまり苦にならない。
あの草木を押し分けて進んだ入り口付近を越えてきた者には
快適な遊歩道である。

その道を進んでいくと、なぜか蛙の合唱が聞こえてくる。
やがて、視界がぱっと開けて棚田が広がった。
棚田

秘境発見!
こんな山奥に誰が田んぼを作ったんだろうか。
収穫した稲はどうやって運ぶんだろう。

その棚田の脇の道を進む。
また草木が覆い被さった道で、しかも谷の方へ下っていく。
昨日までに降った雨で足場が濡れて、滑りやすくなっている。
草花をかき分け慎重に進む。
それでも何度か街中仕様のソールが悲鳴を上げて、
足を滑らせてしまう。
その先は崖を下り降りるような道が続く。
幸いにも鎖が打ち込まれていたり、
ロープが張られたりして、何とか進むことができた。



この先を進めば

ようやく川の流れる谷底へたどり着いた。
両側には緑に覆われたの崖。
日差しは緑の崖に遮られ、足下には冷たい清流。
心地よい場所である。

この先にシワガラの滝が…

しかし、行く手を大きな岩や流木が阻んでいた。

川面から顔を出す岩を飛び移り、朽ちた流木の上を歩いていく。
ここまで来たら、服が汚れるとかを気にしてる場合ではない。
時には岩をよじ登り、水に靴を半分浸からせながら進むと、
やがて、シワガラの滝がある洞窟が見えてきた。
緑の洞窟

イタリアには青の洞窟。
そして兵庫県温泉町には緑の洞窟。
こんなきれいな緑は見たことがない。
滝発見!!

洞窟に踏み込んで行くと、すぐに滝が見える。
苔に覆われた壁を滑り落ちるように水が落ちていく。
なんなんだここは!
光と影、緑と白のコントラスト。
まさに秘境。

ここから奥に行くには、水の中を進んで行かなくてはならない。
用意してきた草履に履き替えて、
洞窟の奥へと水の中を進んでいく。
冷たい水が、疲れた足に気持ちいい。

緑が映える滝

美しい滝。
荘厳、幽玄、神秘的。そんな言葉が頭をよぎる。
しばし、時を忘れて滝に見入ってしまう。

洞窟の中より

洞窟の中から見た外の景色もすばらしい。


ここまで来た道程、また帰り道。
誰一人としてすれ違うことはなかった。
まだそれだけ知られていないと言うことだろう。

これだけ美しい滝だ。
いずれ観光地されて神秘的な雰囲気が薄れてしまうのだろう。
できる限り、ここは秘境であって欲しい。




=======================
ブログランキングに参加しています。
最後まで読んでいただけたなら、
どうか下のバナーをクリックしてやって下さい。
更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ






予約宿名人



この記事のURL | 兵庫 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
関西屈指の渓谷美 ~みたらい渓谷~
- 2007/06/09(Sat) -
みたらい渓谷ってご存じだろうか。
奈良県吉野の奥深く、天川村に位置するこの渓谷は、関西屈指の渓谷美を堪能させてくれる。
みたらいは漢字で書くと「御手洗」。南朝の帝がここでみそぎをしたことを由来とするらしい。
帝のお手洗い



両側は切り立った崖、奇岩大岩が転がるなか、
澄み切った水が大小様々な滝となって流れ落ちていく。
あたりは水の流れる音と木々が風になびく音が響くのみ。
都会にはない静寂の音を聞かせてくれる。



みたらいマップ

さて、みたらい渓谷への行き方だが、
天川村役場のある川合の交差点を川沿いに進むとみたらい渓谷にでることができる。
そこには何ヶ所か有料の駐車場があって、渓谷まですぐ行くことができる。
お手軽にみたらい渓谷を訪れたいならこれでも良いだろう。
ただ、もっと自然を堪能したいのなら、川合の交差点から洞川方面へ進み、
虻トンネルを抜けた先に登山道の入り口となる無料駐車場がある。

ちなみに洞川まで進んでいっても、大小様々な洞窟がある秘境冒険スポットが
たくさんあるが、こちらはまた今度の機会に。


その駐車場から、吊り橋を渡って遊歩道を進んでいけば、
約30分でみたらい渓谷にたどり着くことができる。

このルートはずっと川のせせらぎを聞きながら、
適度に整備された山道をすすんでいく。
途中、さび付いた金網の上を歩いたりと多少のスリルもあり、
お手軽秘境探検隊の名前にふさわしい道となっている。

しばらく川の音ばかりで、なかなか川が見えない状態が続くが、
歩いて20分ばかしで、水辺に降りていくことができる。

みたらい渓谷



豪快さと繊細さを兼ね備えた立体的な渓谷が広がる。
自分がミニチュアになって、日本庭園を歩いているような感覚かも。

みたらいの淵



このあたりの水はなんてきれいなんだろう。
少し緑がかった水は、深い淵では太陽光に照らされるとエメラルドグリーンに輝き、
浅瀬では透明度の高い水が川底の石や小魚を美しく映し出してくれる。


今回紹介したみたらい渓谷は、遊歩道も整備され、
写真のように立派な吊り橋も架かっている。
お手軽に訪れる事ができて、関西屈指の渓谷美を堪能できる場所ではないだろうか。
しかも、まだまだ知名度が少ないためか、人もまばらである。
ただし、紅葉シーズンだけは人で混雑するとか…
たしかに、この渓谷と赤く色付いた木々のコントラストは
さぞかし美しいだろう。



=======================
ブログランキングに参加しています。
最後まで読んでいただけたなら、
どうか下のバナーをクリックしてやって下さい。
更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ



この記事のURL | 奈良 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
はじめに
- 2007/06/03(Sun) -
このブログは僕が関西の彼方此方を巡って、秘境スポットを探し出し、それを紹介していきたいと思っています。
とは言え、僕はそんなにバリバリのアウトドアなにんげんではありません。普通の人より、ちょっとだけアウトドアが好きで、ちょっとだけ美しい風景を見たいだけの人間です。
だから、僕が行く秘境といっても、車でぴゅーっと行って、ちょこっと歩いて行けるお手軽なところばかりです。
でも、あんまりみんなに知られていない場所を中心に紹介していきますので、みなさんよろしくお願いします。
この記事のURL | 未分類 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン |