2017 04 ≪  05月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 06
巨大な地下空間 ~秋芳洞~
- 2017/05/21(Sun) -
日本屈指の鍾乳洞秋芳洞
さすがに山口県随一の観光地だけあって大型連休中は人人人!
少しでも人が少ない時間帯を狙って、夕方の訪問であったが、
それでも入口の券売所にはまだ行列が。

いい感じの入口

入口から川の流れる遊歩道を通り、しばらく歩くと鍾乳洞の入口が見えてきた。
川は鍾乳洞の中から滝となって流れ出しており、
入口には白濁したグリーンの淵ができている。
鍾乳洞から湧き出る水だけあって、とても水温が低いのだろう。
あたりにはひんやりした空気が流れて心地よい。

広い洞内

入口に一歩踏み込むと、そこは巨大な地下空間が広がっている。
関西中心の観光鍾乳洞はほとんど巡って来たが、
秋芳洞の空間の広さは桁違い。

暗闇は冒険道

有料で進める冒険道というコースもある。
時間が遅かったので受付時間をすぎてしまっていたので
行けずじまいだったが、懐中電灯を片手に進むルートのようだ。
かなり洞内の上のほうを歩くようで、
懐中電灯の光が天井付近でちらちらと照らしている。
それにしてもかなり高い天井だ。

千枚田

洞内を流れる川に沿って進むと、秋芳洞の代名詞である百枚皿が現れる。
鍾乳洞でよく見かける光景だが、ここまで大きいものは珍しい。
棚田を想起させるように、上から下へとあふれ出した水が時間をかけて落ちていく。
石灰石と水が生み出した芸術作品だ。

天井には蝙蝠

さらに大きな川の流れる洞内を歩いていく。
やはり巨大な地下空間が続いていて、足場もフラットで歩きやすい。
天井からキイキイという音が聞こえるので見上げてみると、
蝙蝠がかなりの数、天井に張り付いている。
ここまで多くの人が訪れる場所なのに、
蝙蝠はまったく意に介することは無いようだ。

洞内富士

洞内富士と称されるこれまた巨大な鍾乳石の山。
本家の富士山は地下からの溶岩が積み重なって出来上がったが、
洞内富士は天井から滴る石灰を含む水が積み重なってできたもの。
造られ方はまったく逆だが、まさに富士山のような巨大な石灰岩の塊。

未知との遭遇

洞内の照明は鍾乳洞としては控えめで、他の鍾乳洞のように
赤や青の照明で幻想的に演出しているわけではないのだが、
ところどころに強烈な照明があって、それがまるでUFOとの遭遇のように見える。
巨大な空間を照らすにはそれだけの光量が必要なのだろう。
鍾乳石が生き物のように長い影を伸ばしてくる。

千町田

次は千町田。
先ほどの百枚皿に良く似ているが、こちらは棚田状にはなっていない。
これもまた水が石灰岩を溶かして作り出した芸術。

黄金柱

秋芳洞も後半になると少し狭くなってくる。
前半は巨大な空間、後半は巨大な石筍が目立つようになってきた。
その中でも圧巻はこの黄金柱。
高さ15メートルもある巨大な石柱で、この巨大な鍾乳洞を
支える大黒柱のようだ。

龍の抜け穴

次に現れるのは龍の抜け穴。
先ほどの黄金柱がすっぽり抜き取られたような縦穴。

地球の歴史

観光洞エリアは約1000メートル。撮影しながら歩いていると、
かなり時間がかかってしまった。
最後は地球誕生から現代に至る大地の歴史を描いたトンネル。
急にムッとした暖かい空気が流れ込んでくる。
出口が近いのだ。

だが、この出口は入った入口とは逆側の出口兼入口。
車を入口の駐車場においているので、また来た道を戻らなければならない。

出口

帰りはさくさく歩いて戻る。
さすがに閉園間近になってきたので、人もまばらだ。
秋芳洞は観光エリアは1000メートルほどだが、実際はもっと広く、
確認されているだけでも総延長は8.5キロメートル。

秋吉台エリアには、この秋芳洞の他に、
大正洞や景清洞があり、400以上の鍾乳洞が存在しているらしい。
しかもまだ新しい鍾乳洞が発見され続けている。
まだ人間が知らないだけで、もっと巨大な地下空間が眠っているのかもしれない。



=======================
ブログランキングに投票お願いします!
クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング




人気ブログランキングへ

「たびねす」でも記事を書いてます。
たびねす

この記事のURL | 山口 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
見守りの滝 ~秋芳白糸の滝~
- 2017/05/16(Tue) -
山口県の絶景めぐりの旅も後半戦。
元乃隅稲成神社と角島大橋をめぐった後は秋芳洞へと思っていたが、
途中で白糸の滝というお手軽滝っぽい場所があったので寄り道してみることに。
白糸の滝と言う名前は全国に無数に存在するので、
ここは秋芳白糸の滝とも呼ばれている。

マップ

駐車場付近にある大雑把な地図。
寂れた観光地かなと思っていたが、それなりに訪れる人も多い。

川沿いを歩く

川沿いの遊歩道を歩く。
前には子供を連れた家族の姿。
秘境的な絶景スポットめぐりではあまり見かけない風景。

空と森を映す

遊歩道の横は川がせき止められため池のようになっている。
前を歩く家族連れに追いつきたくなかったので、
のんびり川を撮影しながらゆっくり歩く。
風がやんで水面が静かになると、空と森を映しこんできてとても美しい。

親水公園

ここは親水公園というらしい。
公園として整備されているので、川には立派な木製の橋が架かっていて、
ここを渡って川の上流へと進むと白糸の滝がある。

流しそうめんやってます

橋を渡ってほどなく、白糸の滝が見えてきた。
手前には何か食事処があるようだ。
ああ、流しそうめんをやっているんだと納得。
観光滝にはしばしばお目にかかる光景である。

憩いの場

滝前の水場は子供達の格好の遊び場になっていた。
なるほど、それで家族連れが訪れるわけだ。
大人たちは流しそうめんを楽しみ、子供達は水遊びに興じる。

見守る不動明王

少し坂を上がったところに不動明王像があり、
滝壺で遊ぶ子供達を見守っているかのようだ。
不動明王に守られているなら、親も安心して子供達を遊ばせておける。

そういえばここは親水公園と言う名前だった。
親が水遊びをさせる公園と言うことだろうか。

水の流れは美しい

子供達がたくさんいるので、ゆっくり撮影はできない状態なのだが、
滝としては少々水量難ではあるものの、幾筋ものながれがあって
なかなか優美な感じ。
あまり水量が多いと水場で遊べないので、
これぐらいの水量がやさしくて良いのかもしれない。


=======================
ブログランキングに投票お願いします!
クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング




人気ブログランキングへ

「たびねす」でも記事を書いてます。
たびねす

この記事のURL | 山口 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
日本海の南国 ~角島大橋~
- 2017/02/26(Sun) -
車のCMに何度も使われて有名になっている角島大橋
やはり山口を訪れたら立ち寄らないわけには行かないだろう。

青い

角島大橋の横には駐車場と小さなお店とトイレが設置されている。
すでに駐車場はほぼ満車。特に若い人が多い。
車のナンバーも様々な都道府県で全国各地から一目見ようと集まってきている。

南国の白浜

着いてすぐにわかる素晴らしいブルーの海。
ここ日本海だろ?まるで沖縄の海ではないか。
展望台から海を覗き込むと遠浅の砂浜にブルーの波が打ち寄せる感動的な景色が広がる。
水が浅く水面下が白い砂浜だから青く見えるのだろうか。
浜辺は遊泳禁止なのだろうか、これだけ絶景のビーチなのに
誰一人泳いでいる人はいない。

海の境界

沖を見ると水の水質が変わっている境界線が見える。
あそこで海底が深く落ち込んでいるのだろうか。
明らかに水の色も違えば、河川の合流地点のように流れも異なる。
境界線から向こうは普通の海、手前は南国の海といった様相だ。

快走路

水平線まで続くかのような橋。
長い長い直線の後、少し左にカーブしながら角島へと続く道。
何も無い角島に・・・といったら少し失礼かもしれないが、
分不相応に立派な橋であることは確かである。
しかし、これだけの一大観光地として有名になったのだから、
造った人には先見の明があったということか。

橋を渡る

せっかくなので橋を渡ってみる。
もうとんでもなく快走路。
一瞬でCMの世界の主人公になれる。
これが駐車場も橋を渡るのも無料だなんてなんと太っ腹。

青くない

角島に上陸するとすぐに角島側の展望台がある。
駐車場に車を停めて反対側から角島大橋を望んでみるが、
あれ、青い海はどこへやら。
時間帯の影響で逆光になっていることもあるのだが、
海の水がまったく青く見えないのである。
こちらから見ると普通の橋。これならお金取れないな・・・。

どこまでも続く

やはり角島大橋は本州側から見るに限る。
ほんとに噂どおりの絶景。
いつまでも眺めていられるほどの素晴らしい景色。

何度も訪れたいのだが、本州の一番北西の端っこで、
高速道路からも遠く、なかなか行きにくい場所。
世界の果てには天国の道がある、といった感じですか。


=======================
ブログランキングに投票お願いします!
クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング




人気ブログランキングへ

「たびねす」でも記事を書いてます。
たびねす

この記事のURL | 山口 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
元乃隅稲成神社 ~漁師達のお稲荷さん~
- 2017/01/04(Wed) -
日本の絶景として有名になってきた元乃隅稲成神社
山口県の長門市と言うなかなか交通の便が悪いところだが、
朝早くにもかかわらずたくさんの人たちで賑わっていた。

海へと続く鳥居

海へと続く赤い鳥居。
そして草木の緑と青い海。
3色のコントラストが素晴らしい景観を作っている。
さすがCNNの日本の最も美しい場所31選に選ばれただけはある絶景だ。

鳥居の先には何か

鳥居の先には何があるのだろう。
美しい海と岩山。
そうあの岩山は竜宮の潮吹きと呼ばれていて、
波が高い日には岩壁に当たった海水が吹き上げられ、
潮が吹いたように見えるらしい。
この日は海も穏やかで見ることはできないが。

鳥居のトンネル

鳥居の並ぶ階段を降りる。
さながら赤いトンネルだ。
伏見稲荷の千本鳥居にも似た鳥居の続く道。
鳥居は神様のいる幽界に続く門と言われているが、
この先は神様の領域と言うことなのだろうか。

竜宮の潮吹

赤いトンネルを抜けた先にある青い海。
そして竜宮の潮吹と呼ばれる岩山。
これが元乃隅稲成神社のご御神体なのだろうか。

穏やかな海

本日の神様は大人しいようだ。
海は穏やかで潮を吹くようなことはない。

コバルトブルーの海
海は日本海とは思えないくらい綺麗で、
浅瀬は珊瑚礁を思い浮かばせるようなコバルトブルーに色づいている。

菩薩様

岩山に上ってみると、小さな菩薩様が祭られていた。
あれ、こちらは神社なのに仏様なのね。
鳥居の向こうに仏様がいるなんて神社としてはおかしいな・・・
ちょっと違和感を感じる。

山へと続く鳥居

さあ、戻ろう。と思って今通ってきた鳥居のトンネルを振り返ってふと思った。
鳥居は海へと続いているのではなく、海からあの崖の上に続いているのだと。
こちらが神社への入口なのだと。

この元乃隅稲成神社はかつて漁師が枕元に白狐が現れて、
「吾をこの地に鎮祭せよ。」とお告げがあったのを由来とする。
漁師からすればこの崖の岩は絶好の目印となったはずで、
それを神様として祀ったとすれば納得がいく。
そう、この鳥居は海の漁師目線で作られたもの。
だから海から陸へと鳥居が続いているのだ。

日本一難しい賽銭箱

もう一つこの神社には面白いものがあって、
賽銭箱が鳥居の上につけられていて、
日本で一番入れにくい賽銭箱として有名なのである。

入った時の喜び

元乃隅稲成神社は稲成は「稲荷」ではなく「稲成」という字が当てられる。
祈願が成就するということから、「成」という字になったということだが、
なかなか簡単にはお願いさせてくれない・・・。



=======================
ブログランキングに投票お願いします!
クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング




人気ブログランキングへ

「たびねす」でも記事を書いてます。
たびねす

この記事のURL | 山口 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
鍾乳洞の湧き水 ~白水の池~
- 2016/12/30(Fri) -
田園

別府弁天池の帰り道、白水の池という案内板を見つけた。
もう少し時間があったので、ノーマークだったが立ち寄ってみることに。
案内に従って農道のような道を進むと、あたりはのどかな田園地帯。

白濁した水

その田園風景のど真ん中に青空を映しこんだ静かな池が現れた。
これが白水の池だろう。
他に観光客はいない、静かな池。
普通の田んぼの貯水池のようでもある。

カルシウムを含んだ湧き水

車を停めて池のほとりに近づく。
遠めには綺麗な透明に見えたが、近づいてみると
少し白濁していることが分かる。
この一帯は秋吉台の一部でどうやらカルストの石灰岩が
溶け出しているのだろう。
カルシウムを含んだ水が白濁して見えるに違いない。

綱渡り行きます

この池の中央には島があった。
どうも何かを祀っているらしい。
その島に向かって丸太で作った簡素な橋がつながっている。
これは面白いシチュエーション。
行ってみなければならないだろう。
バランスを崩せば池にドボンといったところだが、
これぐらいのスリルは楽しくもある。

上陸

綱渡りの要領でバランスをとりながら橋を渡る。
こんなところで池にはまってずぶぬれは勘弁したいところである。
慎重に進んで中央の島に上陸。
ドラクエなら絶対何かあるような島だが、
やはりここにも小さな祠が祀られていた。
周りは桜の木だろうか。春に訪れたら美しい景色になるだろう。

鍾乳洞の水か

中央の島から池の奥側を覗き込む。
少し水面が波打っていた。
恐らく湧き水だろう。
こんこんと湧いてくる水は田畑に水を供給し、
地元の人たちは豊かな実りを手に入れる。
そしてこの池の水を大切にするために祠をつくって祀っている。
なんとなくそんなストーリーが思い浮かんだ。

やはりその名の通り池の水は白い。
秋吉台がもたらす命の水は人々の生活も支えている。


=======================
ブログランキングに投票お願いします!
クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング




人気ブログランキングへ

「たびねす」でも記事を書いてます。
たびねす

この記事のURL | 山口 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
命の水 ~別府弁天池~
- 2016/12/18(Sun) -
青い

青い池の写真を見た瞬間から、ここに行ってみたかった。
山口県美祢市にある別府弁天池
なぜかこの池だけ青い。

湧き水みたい

毎分11トンもの水が湧いてきているというこの別府弁天池
確かに水面はゆらゆら揺れて湧き水が出てきているようにも見える。
毎秒で186リットル。
池は水面が揺れる以外は静かなので、そんなに水が湧いている様には見えないのだが・・・

手前は赤い

水が流れ出る水路の部分は赤い色をしている。
水が赤いというよりは水底の石が赤いようだ。
赤と青、強烈な色彩を持つ池には違いない。

触りたくなる

この透明で青い水にはなんとも言えないパワーを感じてしまう。
その水を触ってみたいと思うのは無理も無いこと。
青い水を求めて夕方時にもかかわらず、周りにはたくさんの観光客が訪れていた。

奥には鳥居

奥には鳥居も見える。
ここは別府厳島神社の境内で池のほとりに鳥居があるということは、
池の方が神の領域と言うことだろうか。

憩いの場

日本の名水百選にも選ばれる別府弁天池
神社の隣にはこの水を使用した養鱒所もあり、
そこには青い鱒がいるとかいないとか。

コバルトブルーの水は一見すると酸性とか放射性成分とかが
混ざっているのではないかと思ってしまうのだが、
ここの水に含まれているのはカルシウム。
秋吉台石灰岩の成分が多く含まれているのだ。
石灰岩はかつて海に沈殿したサンゴ礁の成れの果て。
そう考えると、ここが命の水と呼ばれるのも納得がいく。

その命の水を求めて、今日もたくさんの人が集まっている。


=======================
ブログランキングに投票お願いします!
クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング




人気ブログランキングへ

「たびねす」でも記事を書いてます。
たびねす

この記事のURL | 山口 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
寂地の寂地 ~犬戻り峡~
- 2016/12/17(Sat) -
訪れる人の少ない犬戻峡

寂地峡の隣の谷に犬戻り峡と言うもう一つの渓谷がある。
寂地峡横の林道をさらに奥へ車を走らせるとすぐに到着するのだが、
こちらにはまったく観光寂の姿が無い。
寂地峡の林道には多くの車が路駐して横を抜けるのに苦労したぐらいなのだが。

木漏れ日の階段

犬戻り峡の入口に休憩所と駐車スペースがあるので
そこに車を停めて川沿いの道を進む。
最初は階段が続くがほどなく平坦な道になる。

多段の滝

しばらく進むと左手に滝が見えてきた。
多段の滝で総落差はかなりなもの。
少々はなれたところからの遠望になるので迫力はいまいちだが、
水の流れといい、滝壺の透明度といいなかなか見ごたえがある。

水綺麗

竜神の滝という名前がついているようだが、特に標識等は見当たらなかった。
滝前に下りてみたいところだが、道はないようだ。
樹木に邪魔されて視界が悪いのが残念。

開けた場所

竜神の滝をぐるっと回り込むように進み、さらにしばらく遊歩道が続く。
ほどなく開けた場所に到着した。
どうやらここが犬戻り滝らしい。

犬戻の滝

犬戻り滝に到着。
犬もここで引き返すような険しい場所らしいが、
人間様ならなんとなく突破できそうな気もする。
それにしてもここだけ太陽の日差しに照らされて気持ちの良い場所だ。
水量が多いと向かって左側にも水が流れるようだが、
今日はどうも水量が少ないようで寂しい感じ。

相変わらず綺麗な水

それにしても水の透明度は抜群に綺麗。
寂地峡五竜の滝も水が綺麗だったが、中国地方とは思えないほど
キラキラとした美しい水が流れている。

寂地峡でもさらに寂しい地だが、五竜の滝に負けず劣らず素晴らしい場所。
こちらももう少しクローズアップされても良いのではないか。
寂しい限りである。


=======================
ブログランキングに投票お願いします!
クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング




人気ブログランキングへ

「たびねす」でも記事を書いてます。
たびねす


この記事のURL | 山口 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
竜の通り道 ~寂地峡五竜の滝~
- 2016/12/11(Sun) -
山口県岩国市の寂地峡五竜の滝というやたらと名前がカッコイイ滝がある。
山口県唯一の百選滝で、岩国といってもかなり山の中。
寂地というぐらいだから、あまり人気の無い寂しい滝なのかと思いきや、
行ってみるとかなり多くの人が遊びに来るレジャースポットだった。

水遊びで人がいっぱい

キャンプ場を併設しているからだろう、滝の河原には
子供達がジャブジャブと水遊びに勤しんでいる。
人が入らないように撮影するのは一苦労だ。
特に、この一番下にある竜尾の滝は浅い河原があるので、
子供達にとっては格好の遊び場だ。

竜の通り道へ

寂地峡五竜の滝は、その名の通り5つの滝の総称である。
5つ連続している滝なのだが、その間も落差がある段差が続いていて、
すべてが一つなぎの滝とも言える。
300mの間に200mの落差があるとされているから、
道中はほとんど階段。

龍尾の滝落ち口

一番下の竜尾の滝にはたくさんの人が訪れていたが、
階段を登って上の滝を目指すと急に人の姿が減った。
竜尾の滝の落ち口から下を眺めて、やれやれとひと段落したのだが・・・

登龍の滝

次の登竜の滝にも泳いでる人達が・・・。
今度は大人も崖から飛び降りたり・・・。
せっかくゴルジュ状の淵に光が入ってきて神秘的な場所なのに。
仕方ないので、そのままパチリ。

白龍の滝

登竜の滝の次は白竜の滝。
白い岩肌に水が滑り落ちていく。
まさに白い竜といった感じだ。

どんどん上へ

道はどんどん上へと登っていく。
平らなところはほとんどなく、もし木々を伐採して遠くから見れば
巨大な段瀑が続いているように見えるだろうか。

光と影が美しい

人が多いわりに水はとても綺麗。
透き通る水に光が差し込んでキラキラと輝くようだ。
撮影には少々厳しいほどの日差しだが、
実際に見ると光と影のコントラストがついて素晴らしい。

奥に見えるのが龍門の滝

奥に見えるのが竜門の滝。
この滝だけは全貌を見ることができない。
どうしても下の方が隠れてしまうのだ。

洞窟状の滝壺

竜門の滝の滝壺付近は洞窟状になっていて、
ここにも上から射し込む光が良い感じ。
下がこんな状態なので、竜門の滝をすべて見ようと思うと、
この洞窟の中を泳いでいくしかないようだ。

龍頭の滝

寂地峡五竜の滝の最後は竜頭の滝。

少し折れながら落ちていく滝身は、
見るからに深そうな滝壺に吸い込まれていく。
滝単体としては一番見ごたえのある滝だろう。

これで竜の頭から尻尾まで完成といったところだろうか。
ここまで特徴の違う滝が連続する場所と言うのはなかなかお目にかかれない。
一つ共通点を挙げるとすれば、岩肌が水の流れで削られて、
つるつると滑らかになっている箇所が多いと言うこと。
それはまるで竜が通った跡のようにも見える。


=======================
ブログランキングに投票お願いします!
クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング




人気ブログランキングへ

「たびねす」でも記事を書いてます。
たびねす

この記事のURL | 山口 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |