2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
鍾乳洞のから生まれた峡谷 ~帝釈峡~
- 2017/07/16(Sun) -
川沿いの遊歩道

広島県神石高原町から庄原市にある帝釈峡にやってきた。
帝釈峡は中国地方でもかなり山深い場所にある秘境で、
今でこそ観光地になっているので簡単に訪れることができるが、
道が無ければ到底たどり着けない神の領域とも言える場所だ。

巨岩 

帝釈峡は全長約18kmの峡谷で、このような巨大な岩を水が浸食して
奇岩帯を形成している。
もともとこのあたりはカルスト台地であったため、
水が浸食しやすい場所なのである。

マップ 

今回は帝釈峡の最も北側に位置する上帝釈エリアを散策する。
途中には雄橋と呼ばれる巨大な岩の橋があるので、
とりあえずの目的地はそこに考えている。

洞窟から水 

駐車場から散策をスタート、川沿いの整備された遊歩道を進み、
途中に有料の鍾乳洞「白雲洞」をやり過ごし、しばらく進むと
道の左側にぽっかり口をあけた穴から水が流れ出している場所にたどり着いた。

唐門 

どうもこれが唐門と呼ばれる場所あるらしい。
水の流れ出している穴の横に、大きな亀裂のようなトンネルが現れた。
亀裂に通じる踏み跡があるので、少し脇道にそれて近づいてみる。

鍾乳洞の成れの果て 

亀裂は予想以上に大きく、中には水が流れていた。
亀裂の奥からはなんともいえない湿った冷気が漂ってくる。
明らかにここだけ気温が低い。
流れる水も水温が低いのだろう、夏の熱気に当てられて、
水蒸気が煙のように白くあがり、なんとも神秘的な光景を作り出している。
あちら側はまるで別世界のような感じだ。
おそらくここはかつての鍾乳洞があった場所なのではないか。
鍾乳洞が崩れてこの亀裂だけが残った…のかもしれない。

鬼の供養等 

唐門から遊歩道に戻り、もう少し進むと、
鬼の供養塔と呼ばれる奇岩が見えてきた。
巨大な石柱はその名の通り鬼の墓標のようにも見える。

立ち込める蒸気 

前日まで雨が降っていたため、水は少し濁り気味。
そのせいなのか、帝釈峡は体に纏わりつくように湿度が高く、
それでいてひんやりとした空気が漂っている。
そう、まるで鍾乳洞の中を歩いているかのように。

老婦人 

しばらく歩くと今回の最大の目的地である雄橋が現れた。
自然が作り出した巨大な石のアーチ。
長さ90メートル、幅19メートル、高さ40メートルもある日本一の大きさを誇る天然の橋で、
世界三大自然橋にも選ばれていること。
誰がノミネートしたのか分からないが・・・

橋の下 

雄橋の内側は色々なものが祭られている。
通称「神の橋」とも呼ばれる巨大な岩の橋は、
やはり信仰の対象になるのだろう。
巨石信仰なるものは日本各地に存在するが、
これだけの迫力のある巨石となると、
信仰心が無くても、威圧感は充分感じられる。

雄橋 

雄橋を抜けた反対側から。
やはりここもかつての鍾乳洞なのだろうか。
内側の壁が鍾乳洞のそれに近い気がする。

開けた 

そのあと急に道が開けてちょっと面食らう。
昔は公園のように少し整備していたのであろうか。
この辺りだけ木々が無く平らな場所に草むらだけ広がっている。

断魚渓 

遊歩道はまだ続いているので、もう少し奥まで行ってみよう。
断魚渓と呼ばれる少し急流になった場所がある。
今まで30分ほど歩いてきたが、ほとんどフラットな道のりで、
川の流れもほとんどゆるやかな流れだった。
ここに来てやっと勾配がついてきて、
川が小さな滝のようになっている。

トンネル 

次は人工のトンネル。
なんだかめぐるましく色々なものが現れる。
トンネル内に証明はないが、何とか射し込む光で地面は見える。
水溜りができたりして、中はじめじめ。
ここまで来るとそれまでの鍾乳洞感は完全に消えている。

廃墟 

トンネルを抜けるとそこは廃墟。
どうもここが養魚場跡らしい。
秘密のトンネルを抜けると、そこに村があったというシチュエーションは
ありがちなストーリだが、その村はすでに滅びていたというわけだ。

ここまでか 

このあたりに素麺滝があるようなのだが、どうも見当たらない。
そのうち道が草木によって遮られてしまった。
樹木のトンネルを少し潜って先に進んでみたが、
底から先は草が道を覆ってしまい、藪漕ぎ状態に。
マダニやヤマビルも怖いので、やはりここまでで引き返すことにした。

白雲洞 

途中でスルーした鍾乳洞「白雲洞」にも寄ってみる、
中は石筍が立ち並ぶとまでは行かないが、
鍾乳洞独特の石灰石が溶けたようなつるつるとした壁が続く。

縦長 

全体的に縦長の洞窟で、唐門で見たような亀裂のような形をしている。
やはり唐門は鍾乳洞が崩れて残った洞門という仮説は正しいような気がする。
洞内はほぼフラットで200メートルほど。
少し涼みがてらの良い休憩になった。

石雲山永明寺 

駐車場から帝釈峡とは反対側に古びたお寺があるので立ち寄ってみた。
石雲山永明寺という絶壁の下に建つ古いお堂。
今にも後ろの壁に押しつぶされそうだ。

なんかある 

その裏手の絶壁の下に謎の空間があるのを見つけた。
これは何かある。秘密の入口か。

鐘の奥 

ぐるっと回り込んで、穴の近くに行くと、鐘突き場にたどり着いた。
ここはお寺の一部と言うことか。

奥に進める 

奥にも進めるようだ。
先ほど遠くから見えた橋も渡れるらしい。

賽の河原 

奥はやはり洞窟状になっていた。
積まれた石が並ぶ、賽の河原と言う場所らしい。
ここも雄橋と同じく神聖な場所なんだろう。

鍾乳洞によって造られた帝釈峡。
鍾乳石が長い年月をかけて水に削られ溶かされてできた奇岩群。
なかなか見所の多い場所だった。


======================= ブログランキングに投票お願いします! クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング


人気ブログランキングへ 「たびねす」でも記事を書いてます。 たびねす
この記事のURL | 広島 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
セラピーロード ~龍頭峡~
- 2016/11/19(Sat) -
広島県安芸太田町にある龍頭峡
ここはセラピーロードと言う森林浴で心と体をリフレッシュできる道が整備されている。
森林浴と言うと一般的になりすぎるのだが、
ここは森林セラピーといって、森林浴を科学的に分析して、
ツアーが組まれたりする本格的な場所・・・らしい。

セラピーロード

渓流沿いに遊歩道が設置されていて、
一番奥に滝が続く峡谷がある。
他にもいろいろと寄るところがあるので、
一気に奥の峡谷入口まで車で乗り入れる。
滝目当ての人のために駐車場もある。

癒しの道

木漏れ日の遊歩道を進む。
ここは日本秘境百選にも選ばれている深い山奥で、
森に一歩踏み込むとすぐに木々の深さを実感できる。
様々な木々があらわすのはまさに原生林の赴き。

美しい水のナメラ滝

しばらく進むとすぐにナメラ滝が現れる。
滝自体は水量も少ない渓流瀑だが、目を奪われるのはその滝つぼ。
透明な水の波紋が陽の光をゆらゆらと反射している。
中国地方の川の水はあまり綺麗ではないイメージだったが、
ここの水は四国の水のように美しい。

魚切り滝

ナメラ滝の上には魚切滝。
ここも滝と呼ぶにはうーんと言う感じだが、
美しい淵は陰になっても透き通っている。

森の道を行く

道は再び森の中へ。
渓流沿いの道は心地よく、まさに癒しの道。

竜頭峡の主瀑二段滝

ほどなく道は絶壁に差し掛かり、そのはるか頭上から水飛沫が落ちる。
これが龍頭峡の盟主こと二段滝。
崖がえぐれた部分から水飛沫が飛び散り、その崖の奥はもう1段滝が落ちている。
とは言え、ちょっと水が少ないか・・・。

水量があれば

二段滝はトータル落差40m。実際にはもっと高いようにも見える。
しかし、水量が少なすぎる。
この圧倒的な絶壁にもう少し水があれば、
間違いなく百選クラスの滝だろう。
大雨の後にでも訪れたいところだ。

きらめく水飛沫で我慢

飛び散る飛沫が絵になるので、まあ良しとしよう。

深緑の道

その二段滝が落ちる絶壁を横目にさらに奥へと進む。
だんだん緑が深くなり、森の核心部へ。

奥の滝

道の奥は滝によって行き止まりになる。
またしても素晴らしい絶壁。
そこに流れるちょろちょろとした水。
ここがその名も奥の滝。

見事な絶壁

水量が少ないので、滝の直下にも濡れずに行くことができた。
ここまで近づけば絶壁を伝う水も確認することができる。
広島県の北西部にはこういう岩肌の絶壁が数多く見られて、
それが滝になっているのだが、残念ながら水量に難がある場所が多い。

ここもまた雨が降れば名瀑の中国地方的な場所。

峡谷の素晴らしさは文句が無いが、
滝好きにとっては、癒しと言うよりちょっとストレスの溜まる散歩道だった。



=======================
ブログランキングに投票お願いします!
クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング




人気ブログランキングへ

「たびねす」でも記事を書いてます。
たびねす

この記事のURL | 広島 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
たらたらの壁 ~多羅多羅の滝~
- 2016/10/30(Sun) -
広島県広島市の山中に多羅多羅の滝という一風変わった名前の滝がある。
広島市といっても地形的には安芸太田町といった方が近く、
安芸太田町には滝や渓谷が数多くある自然の豊富な場所だ。

入口分かりにくい

少々入口が分かりにくい。
駐車場も何も無いので最初見逃してしまった。
おじいさんが芝刈りに裏山へ登るような道だ。
停めるところがないので、しばらく進んだところにあった少し広くなったスペースに停めた。

森の中を進む

道はすぐに森の中へ。
あまり訪れる人もいないのだろう。道は消えかかっている場所もあって、
ほとんど整備されていないようだ。
くもの巣に何度か引っかかりつつ、20分ほど進むと滝にたどり着いた。
変なところを進まなければ迷うことは無いだろう。

取水ホースが見える

取水ホースが見える。水源になっているのだろうか。
とにかく日差しが強すぎて、写真も上手く取れない・・・

滝だろうか

暗い森の奥に光の広場が見える。
その向こうに見える岩壁がほんのり濡れているようだが、
あれが滝だろうか。

たらたらと

近づいてみると確かに水が流れている、たらたらと・・・
さすがにこれは滝と呼べるほどのものではない。

絶壁を登る

多羅多羅の滝は上中下3段からなる滝である。
このたらたらとした流れは下段の滝にあたる。
中段に登るためには横の岩壁をよじ登らなければならない。
鎖も設置されているので気をつけて登れば大丈夫だろう。
手袋をはめてゆっくりと岩壁を登る。
地面が乾いているので比較的容易に登ることができた。

横はこんな感じ

横を見ると下段の滝の流れ。
写真では水の流れはどこ?と言う感じだが、
よじ登っている絶壁の角度は実感してもらえると思う。

凄い絶壁

上の段に登ると絶壁に囲まれた空間が現れてちょっとびっくりした。
これは滝に水が無くてもこの絶壁だけでも見る価値はある。

水があればなぁ

ここでもやはり水はほとんど無い。
まあ下段の水の量もなかったので当たり前といえば当たり前か。
ここ中段の滝も水はたらたら・・・

さらにこの上に上段の滝があって、3段でトータル70mという巨大な滝だが、
なんとも今日は日が悪く水が無い。
中国地方の滝は水があれば名瀑と言うのが多いようだ。


=======================
ブログランキングに投票お願いします!
クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング




人気ブログランキングへ

「たびねす」でも記事を書いてます。
たびねす

この記事のURL | 広島 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |