2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
世界の終わり ~秋吉台(秋吉台カルスト展望台)~
- 2017/05/28(Sun) -
石灰岩がのぞく

山口県といえば、秋吉台
地理の授業で習ったことをなんとなくずっと覚えていて、
山口県に来たら必ず行ってみたかったのがこの秋吉台だ。
日本三大カルストの一つであり、日本最大のカルスト台地
珊瑚の化石からできたと言われる石灰岩に覆われた石の大地。

見渡す限りの平原

石の大地と思っていたのだが、来て見ると一面の大草原で、
石灰岩がむき出しになっている場所は意外に少ない。
ほんとに見渡す限り何も無い大平原で、
時間的に日没前と言うこともあり、観光客もほとんどいないので、
ぽつんと世界に一人取り残されたかのような感覚になる。

ドリーネ

草に覆われてよく分からないが、
ところどころにドリーネといわれるすり鉢状の窪地が点在している。
ドリーネとは雨水になどによって石灰岩が浸食されてできた言わば穴で、
ドリーネの中心部から地中深く鍾乳洞につながっていたりすることもある。
草に覆われてみることはできないが、
点在するドリーネの中心部には地中世界に続く入口が穴を開けているのかもしれない。
不用意に穴の底を探索しようものなら、
誤って地中へ転落する危険もあるのだ。
なんせ、この地中深くには秋芳洞といわれる、
いまだ全容がつかめていないほど巨大な地下空間が存在しているのだから。

秋吉台

秋吉台カルスト展望台から10分ほど歩いて、
大平原のど真ん中にやってきた。
ほんとに世界の中心に一人立たずんて居るような場所だ。
一本取り残された木と同じく一人取り残された私。

月が昇る

しばらく何も無い台地を歩いていると、日が暮れてきて
空に月が上がっているのが見えてきた。

夕焼け

石灰岩の白い塊も黒いシルエットへと変わる。

秋吉台の夕焼け

夕焼けに支配されいく台地はまるで世界の終わりのように美しい。
何も無い空と大地に囲まれていると、
逆に自分と言う異物が強く意識してしまう。
自意識の中で展開されるモノローグといったシーンのような感覚。

一日の終わり

旅の最後に秋吉台夕焼けを選んでよかった。
長い山口県の旅も世界の終わりとともに終了。
美しくも寂しい終劇となった。

=======================
ブログランキングに投票お願いします!
クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング




人気ブログランキングへ

「たびねす」でも記事を書いてます。
たびねす

この記事のURL | 山口 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
巨大な地下空間 ~秋芳洞~
- 2017/05/21(Sun) -
日本屈指の鍾乳洞秋芳洞
さすがに山口県随一の観光地だけあって大型連休中は人人人!
少しでも人が少ない時間帯を狙って、夕方の訪問であったが、
それでも入口の券売所にはまだ行列が。

いい感じの入口

入口から川の流れる遊歩道を通り、しばらく歩くと鍾乳洞の入口が見えてきた。
川は鍾乳洞の中から滝となって流れ出しており、
入口には白濁したグリーンの淵ができている。
鍾乳洞から湧き出る水だけあって、とても水温が低いのだろう。
あたりにはひんやりした空気が流れて心地よい。

広い洞内

入口に一歩踏み込むと、そこは巨大な地下空間が広がっている。
関西中心の観光鍾乳洞はほとんど巡って来たが、
秋芳洞の空間の広さは桁違い。

暗闇は冒険道

有料で進める冒険道というコースもある。
時間が遅かったので受付時間をすぎてしまっていたので
行けずじまいだったが、懐中電灯を片手に進むルートのようだ。
かなり洞内の上のほうを歩くようで、
懐中電灯の光が天井付近でちらちらと照らしている。
それにしてもかなり高い天井だ。

千枚田

洞内を流れる川に沿って進むと、秋芳洞の代名詞である百枚皿が現れる。
鍾乳洞でよく見かける光景だが、ここまで大きいものは珍しい。
棚田を想起させるように、上から下へとあふれ出した水が時間をかけて落ちていく。
石灰石と水が生み出した芸術作品だ。

天井には蝙蝠

さらに大きな川の流れる洞内を歩いていく。
やはり巨大な地下空間が続いていて、足場もフラットで歩きやすい。
天井からキイキイという音が聞こえるので見上げてみると、
蝙蝠がかなりの数、天井に張り付いている。
ここまで多くの人が訪れる場所なのに、
蝙蝠はまったく意に介することは無いようだ。

洞内富士

洞内富士と称されるこれまた巨大な鍾乳石の山。
本家の富士山は地下からの溶岩が積み重なって出来上がったが、
洞内富士は天井から滴る石灰を含む水が積み重なってできたもの。
造られ方はまったく逆だが、まさに富士山のような巨大な石灰岩の塊。

未知との遭遇

洞内の照明は鍾乳洞としては控えめで、他の鍾乳洞のように
赤や青の照明で幻想的に演出しているわけではないのだが、
ところどころに強烈な照明があって、それがまるでUFOとの遭遇のように見える。
巨大な空間を照らすにはそれだけの光量が必要なのだろう。
鍾乳石が生き物のように長い影を伸ばしてくる。

千町田

次は千町田。
先ほどの百枚皿に良く似ているが、こちらは棚田状にはなっていない。
これもまた水が石灰岩を溶かして作り出した芸術。

黄金柱

秋芳洞も後半になると少し狭くなってくる。
前半は巨大な空間、後半は巨大な石筍が目立つようになってきた。
その中でも圧巻はこの黄金柱。
高さ15メートルもある巨大な石柱で、この巨大な鍾乳洞を
支える大黒柱のようだ。

龍の抜け穴

次に現れるのは龍の抜け穴。
先ほどの黄金柱がすっぽり抜き取られたような縦穴。

地球の歴史

観光洞エリアは約1000メートル。撮影しながら歩いていると、
かなり時間がかかってしまった。
最後は地球誕生から現代に至る大地の歴史を描いたトンネル。
急にムッとした暖かい空気が流れ込んでくる。
出口が近いのだ。

だが、この出口は入った入口とは逆側の出口兼入口。
車を入口の駐車場においているので、また来た道を戻らなければならない。

出口

帰りはさくさく歩いて戻る。
さすがに閉園間近になってきたので、人もまばらだ。
秋芳洞は観光エリアは1000メートルほどだが、実際はもっと広く、
確認されているだけでも総延長は8.5キロメートル。

秋吉台エリアには、この秋芳洞の他に、
大正洞や景清洞があり、400以上の鍾乳洞が存在しているらしい。
しかもまだ新しい鍾乳洞が発見され続けている。
まだ人間が知らないだけで、もっと巨大な地下空間が眠っているのかもしれない。



=======================
ブログランキングに投票お願いします!
クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング




人気ブログランキングへ

「たびねす」でも記事を書いてます。
たびねす

この記事のURL | 山口 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
見守りの滝 ~秋芳白糸の滝~
- 2017/05/16(Tue) -
山口県の絶景めぐりの旅も後半戦。
元乃隅稲成神社と角島大橋をめぐった後は秋芳洞へと思っていたが、
途中で白糸の滝というお手軽滝っぽい場所があったので寄り道してみることに。
白糸の滝と言う名前は全国に無数に存在するので、
ここは秋芳白糸の滝とも呼ばれている。

マップ

駐車場付近にある大雑把な地図。
寂れた観光地かなと思っていたが、それなりに訪れる人も多い。

川沿いを歩く

川沿いの遊歩道を歩く。
前には子供を連れた家族の姿。
秘境的な絶景スポットめぐりではあまり見かけない風景。

空と森を映す

遊歩道の横は川がせき止められため池のようになっている。
前を歩く家族連れに追いつきたくなかったので、
のんびり川を撮影しながらゆっくり歩く。
風がやんで水面が静かになると、空と森を映しこんできてとても美しい。

親水公園

ここは親水公園というらしい。
公園として整備されているので、川には立派な木製の橋が架かっていて、
ここを渡って川の上流へと進むと白糸の滝がある。

流しそうめんやってます

橋を渡ってほどなく、白糸の滝が見えてきた。
手前には何か食事処があるようだ。
ああ、流しそうめんをやっているんだと納得。
観光滝にはしばしばお目にかかる光景である。

憩いの場

滝前の水場は子供達の格好の遊び場になっていた。
なるほど、それで家族連れが訪れるわけだ。
大人たちは流しそうめんを楽しみ、子供達は水遊びに興じる。

見守る不動明王

少し坂を上がったところに不動明王像があり、
滝壺で遊ぶ子供達を見守っているかのようだ。
不動明王に守られているなら、親も安心して子供達を遊ばせておける。

そういえばここは親水公園と言う名前だった。
親が水遊びをさせる公園と言うことだろうか。

水の流れは美しい

子供達がたくさんいるので、ゆっくり撮影はできない状態なのだが、
滝としては少々水量難ではあるものの、幾筋ものながれがあって
なかなか優美な感じ。
あまり水量が多いと水場で遊べないので、
これぐらいの水量がやさしくて良いのかもしれない。


=======================
ブログランキングに投票お願いします!
クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング




人気ブログランキングへ

「たびねす」でも記事を書いてます。
たびねす

この記事のURL | 山口 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
日本海の南国 ~角島大橋~
- 2017/02/26(Sun) -
車のCMに何度も使われて有名になっている角島大橋
やはり山口を訪れたら立ち寄らないわけには行かないだろう。

青い

角島大橋の横には駐車場と小さなお店とトイレが設置されている。
すでに駐車場はほぼ満車。特に若い人が多い。
車のナンバーも様々な都道府県で全国各地から一目見ようと集まってきている。

南国の白浜

着いてすぐにわかる素晴らしいブルーの海。
ここ日本海だろ?まるで沖縄の海ではないか。
展望台から海を覗き込むと遠浅の砂浜にブルーの波が打ち寄せる感動的な景色が広がる。
水が浅く水面下が白い砂浜だから青く見えるのだろうか。
浜辺は遊泳禁止なのだろうか、これだけ絶景のビーチなのに
誰一人泳いでいる人はいない。

海の境界

沖を見ると水の水質が変わっている境界線が見える。
あそこで海底が深く落ち込んでいるのだろうか。
明らかに水の色も違えば、河川の合流地点のように流れも異なる。
境界線から向こうは普通の海、手前は南国の海といった様相だ。

快走路

水平線まで続くかのような橋。
長い長い直線の後、少し左にカーブしながら角島へと続く道。
何も無い角島に・・・といったら少し失礼かもしれないが、
分不相応に立派な橋であることは確かである。
しかし、これだけの一大観光地として有名になったのだから、
造った人には先見の明があったということか。

橋を渡る

せっかくなので橋を渡ってみる。
もうとんでもなく快走路。
一瞬でCMの世界の主人公になれる。
これが駐車場も橋を渡るのも無料だなんてなんと太っ腹。

青くない

角島に上陸するとすぐに角島側の展望台がある。
駐車場に車を停めて反対側から角島大橋を望んでみるが、
あれ、青い海はどこへやら。
時間帯の影響で逆光になっていることもあるのだが、
海の水がまったく青く見えないのである。
こちらから見ると普通の橋。これならお金取れないな・・・。

どこまでも続く

やはり角島大橋は本州側から見るに限る。
ほんとに噂どおりの絶景。
いつまでも眺めていられるほどの素晴らしい景色。

何度も訪れたいのだが、本州の一番北西の端っこで、
高速道路からも遠く、なかなか行きにくい場所。
世界の果てには天国の道がある、といった感じですか。


=======================
ブログランキングに投票お願いします!
クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング




人気ブログランキングへ

「たびねす」でも記事を書いてます。
たびねす

この記事のURL | 山口 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
元乃隅稲成神社 ~漁師達のお稲荷さん~
- 2017/01/04(Wed) -
日本の絶景として有名になってきた元乃隅稲成神社
山口県の長門市と言うなかなか交通の便が悪いところだが、
朝早くにもかかわらずたくさんの人たちで賑わっていた。

海へと続く鳥居

海へと続く赤い鳥居。
そして草木の緑と青い海。
3色のコントラストが素晴らしい景観を作っている。
さすがCNNの日本の最も美しい場所31選に選ばれただけはある絶景だ。

鳥居の先には何か

鳥居の先には何があるのだろう。
美しい海と岩山。
そうあの岩山は竜宮の潮吹きと呼ばれていて、
波が高い日には岩壁に当たった海水が吹き上げられ、
潮が吹いたように見えるらしい。
この日は海も穏やかで見ることはできないが。

鳥居のトンネル

鳥居の並ぶ階段を降りる。
さながら赤いトンネルだ。
伏見稲荷の千本鳥居にも似た鳥居の続く道。
鳥居は神様のいる幽界に続く門と言われているが、
この先は神様の領域と言うことなのだろうか。

竜宮の潮吹

赤いトンネルを抜けた先にある青い海。
そして竜宮の潮吹と呼ばれる岩山。
これが元乃隅稲成神社のご御神体なのだろうか。

穏やかな海

本日の神様は大人しいようだ。
海は穏やかで潮を吹くようなことはない。

コバルトブルーの海
海は日本海とは思えないくらい綺麗で、
浅瀬は珊瑚礁を思い浮かばせるようなコバルトブルーに色づいている。

菩薩様

岩山に上ってみると、小さな菩薩様が祭られていた。
あれ、こちらは神社なのに仏様なのね。
鳥居の向こうに仏様がいるなんて神社としてはおかしいな・・・
ちょっと違和感を感じる。

山へと続く鳥居

さあ、戻ろう。と思って今通ってきた鳥居のトンネルを振り返ってふと思った。
鳥居は海へと続いているのではなく、海からあの崖の上に続いているのだと。
こちらが神社への入口なのだと。

この元乃隅稲成神社はかつて漁師が枕元に白狐が現れて、
「吾をこの地に鎮祭せよ。」とお告げがあったのを由来とする。
漁師からすればこの崖の岩は絶好の目印となったはずで、
それを神様として祀ったとすれば納得がいく。
そう、この鳥居は海の漁師目線で作られたもの。
だから海から陸へと鳥居が続いているのだ。

日本一難しい賽銭箱

もう一つこの神社には面白いものがあって、
賽銭箱が鳥居の上につけられていて、
日本で一番入れにくい賽銭箱として有名なのである。

入った時の喜び

元乃隅稲成神社は稲成は「稲荷」ではなく「稲成」という字が当てられる。
祈願が成就するということから、「成」という字になったということだが、
なかなか簡単にはお願いさせてくれない・・・。



=======================
ブログランキングに投票お願いします!
クリックしてもらえると、今後の更新の励みになります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

FC2ブログランキング




人気ブログランキングへ

「たびねす」でも記事を書いてます。
たびねす

この記事のURL | 山口 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ